人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

サッカー フットサル コラム 2019年4月3日

ケインとアンチェロッティに続け。差別撤廃の糸口は現場にある

粕谷秀樹のOWN GOAL,FINE GOAL by 粕谷 秀樹
  • Line

それにしても、一部の不届き者はなぜ肌の色だけで他人種を否定するのだろうか。ナポリのカリド・クリヴァリが執拗なモンキーチャントに怒り狂い、分別のあるカルロ・アンチェロッティ監督も「もう我慢の限界だ。次は試合を中断する。試合放棄と判断されても構わない」と語るほど、異常なムードだったという。こうした経緯もあり、クリヴァリは今シーズン限りでイタリアを離れる決意を固めたようだ。当然、彼に続く者も現われ、セリエAはレベル低下を招く。フランス代表やリーズで活躍したオリビエ・ダクールも、「とあるフランスのスター選手が、差別に不快感を抱いてセリエA移籍を拒否した」と証言している。

いや、イタリアだけではない。イングランドでもスペインでもドイツでも、そして日本でも、いやいや世界中で差別が目撃され、報告されている。SNSに軽率な投稿をし、慌てて削除しても弁解の余地はない。

「モンテネグロ戦でも人種差別のチャント、行為があった。今後もこのようなことが続くのなら、われわれは試合のボイコットも辞さない」

イングランド代表キャプテン、ハリー・ケインは意を決しているように見えた。勇気のあるコメントだ。アンチェロッティ監督に続き、白人がここまで踏み込んだ例はほとんどない。かつてのフランス代表で、ユベントスやパルマでも名DFとして鳴らしたリリアン・テュラムは、「白人選手、監督が声を上げてくれると、差別は少なからず減少するかもしれない」とつねづね語ってきたが、世間に大きな影響力を持つスーパースターがケインに、アンチェロッティ監督に続かなくてはならない。不快な問題を解決する糸口は、現場にある。

粕谷 秀樹

ワールドサッカーダイジェスト初代編集長。 ヨーロッパ、特にイングランド・フットボールに精通し、WWEもこよなく愛するスポーツジャーナリスト。

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
サッカー フットサルを応援しよう!

サッカー フットサルの放送・配信ページへ