人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

サッカー フットサル コラム 2019年3月22日

選手を自由に招集できないコパ・アメリカ。逆境を利用して新チームを作ろうという森保監督の深慮遠謀

後藤健生コラム by 後藤 健生
  • Line

そこで、森保監督はコパ・アメリカでは従来の主力を招集できないという悪条件を逆手にとって、コパ・アメリカ用の新しいチームを作ろうとしているのだろう。

コパ・アメリカが終われば、アジアカップ用のチームとコパ・アメリカ用のチームを融合させながらワールドカップ予選を戦いながら、本格的な戦いとなるワールドカップ最終予選に向けてチームを完成させればいいのだ。

同時に、2020年には東京オリンピックという重要な大会があるので、さらに「オリンピック・チーム」という別チームを作り、オリンピック・チームの主力をフル代表に融合させていくことになる。そこで、フル代表とオリンピック代表の監督を1人の人物に兼任させていることの強みが生きてくるはずだ。

森保監督がアジアカップに向けて固定メンバーでチーム作りを始めたので、当時、僕はかなり大きな疑問を抱いていた。だが、コパ・アメリカでは選手を自由に招集できないという悪条件をうまく利用して新しい(復帰組を含めて)選手を融合させようという深慮遠謀を見て、森保監督を見直した。新しい顔ぶれで「宿敵」コロンビア相手にどんな試合をするのか、楽しみに見たい。

後藤 健生

後藤 健生

1952年東京生まれ。慶應義塾大学大学院博士課程修了(国際政治)。64年の東京五輪以来、サッカー観戦を続け、「テレビでCLを見るよりも、大学リーグ生観戦」をモットーに観戦試合数は3700を超えた(もちろん、CL生観戦が第一希望だが!)。74年西ドイツ大会以来、ワールドカップはすべて現地観戦。2007年より関西大学客員教授

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
サッカー フットサルを応援しよう!

サッカー フットサルの放送・配信ページへ