人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

サッカー フットサル コラム 2019年3月11日

ウナイ・エミリ監督の采配が見事に的中。ライバルを撃破し、アーセナルが4位浮上

後藤健生コラム by 後藤 健生
  • Line

アーセナルのラカゼットがドリブルでエリア内に進入すると、守備で貢献していたフレッジが体を寄せ、ラカゼットが倒れた。リプレーで見ると正当なコンタクトのように見えたが、レフェリーは後方からチャージして倒したと見えたのだろう。「VARがあれば取り消されたのではないか」という微妙な判定だった。

こうして得たPKを、先日のトッテナム戦でPKをはずしたピエール=エメリク・オーバメヤンが中央に沈めてリードを広げたアーセナル。その後は、ウナイ・エミリ監督が的確な選手交代のカードを使ってマンチェスター・ユナイテッドの反撃をしっかりと絶ち切って勝利をものにした。

2得点はミドルシュートとPKだったものの、内容的にはアーセナルの勝利に値するもの。ヨーロッパリーグでの敗戦を払拭し、これからの順位争いにも良い影響を与える価値ある勝利と言ってよいだろう。

マンチェスター・シティとリヴァプールによる熾烈な優勝争いとともに、3~6位の4チームによるチャンピオンズリーグ圏争いという2つの激しいレースがこれからも続くプレミアリーグ。ヨーロッパのカップ戦にも数多くのチームが勝ち残っており、今シーズンのプレミアは例年になく面白い展開になってきたようだ。

後藤 健生

後藤 健生

1952年東京生まれ。慶應義塾大学大学院博士課程修了(国際政治)。64年の東京五輪以来、サッカー観戦を続け、「テレビでCLを見るよりも、大学リーグ生観戦」をモットーに観戦試合数は3700を超えた(もちろん、CL生観戦が第一希望だが!)。74年西ドイツ大会以来、ワールドカップはすべて現地観戦。2007年より関西大学客員教授

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
サッカー フットサルを応援しよう!

サッカー フットサルの放送・配信ページへ