人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

サッカー フットサル コラム 2018年12月10日

プレーオフ争いがますます激化。冬場はやはりFリーグの熱戦がお楽しみ!

Fリーグコラム by 後藤 健生
  • Line

もっとも、2位の大阪と3位の立川・府中の間の勝点差は「4」だったから、大阪とすればそのまま引き分けで終わったとしても問題なかったはずだ。大阪の比嘉リカルド監督は、勝点差を考えると、「立川・府中がGKを引き上げてフィールドプレーヤーを増やすパワープレーを仕掛けてくるのでは?」と思ったそうだ。

立川・府中の谷本俊介監督もパワープレーを考えたそうだが、最終的にそのままプレーを続けることを選択。そして、最終盤にゲームは動いた。

立川・府中が決勝点を決めたのは39分29秒。残り時間30秒だった。

ドラマが始まったのは大阪のアルトゥールがカウンターでドリブルを仕掛けたところからだった。立川・府中のジョーがタックルを仕掛けてボールを奪うと、カウンター返し。内田隼太がそのままドリブルで持ち込んでシュートを決めた。

立川・府中は、こうして2位の大阪に勝点1差に詰め寄り、プレーオフ進出争いはますます激しくなった。

4位のペスカドーラ町田は、前節、下位のバルドラール浦安相手に拙い試合をして引き分けに終わって一歩後退したものの、消化試合数も少ないのでまだまだ3位を狙える位置にいる。さらに、立川・府中と大阪の試合の前日にフウガドールすみだに完敗を喫した湘南ベルマーレも3位との勝点差が「8」と、まだ可能性を残している。

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
サッカー フットサルを応援しよう!

サッカー フットサルの放送・配信ページへ