人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

サッカー フットサル コラム 2018年11月2日

傷だらけのアーセナル。対リヴァプール戦には不快なデータも・・・

粕谷秀樹のOWN GOAL,FINE GOAL by 粕谷 秀樹
  • Line

また、直近5試合のデータも芳しくない。2分3敗。10得点・17失点。いやはや派手にやられている。アーセナル・ヴェンゲル体制下の数字とはいえ、気分的には不快なだけだ。ロベルト・フィルミーノには3試合続けて1ゴール・1アシストを許し、ユルゲン・クロップ監督就任後のリヴァプールには一度も勝っていない。チームの完成度でも明らかに劣っているため、できるものならベストの布陣で臨みたかったのだが……。

リヴァプールと対戦する場合、些細なミスも命取りだ。後方からのビルドアップに戸惑った瞬間、ゲーゲンプレスの餌食になる。最終ラインを上げると、フィルジル・ファンダイク、もしくはアリソン・ベッカーの正確なロングフィードに裏をつかれ、フロント3にゴールを許す。ルーカス・トレイラが防波堤になったとしても、彼ひとりでは限界がある。前線にはトラジションにすぐれた者を配置すべきだ。サイドにもハードワーカーが必要不可欠だ。

第9節のレスター戦で見せたようなセクシーフットボールをリヴァプール戦でも、と夢を見たら痛い目に遭う。あくまでも泥臭く、プレー強度を緩めず、たとえ不細工でもポイントを奪う……。現実的な戦略・戦術も視野に入れなくてはならない。昨シーズン、エミレーツで行われた一戦は3-3で引き分けているが、当時のリヴァプールにはファンダイクもアリソンもいなかった。

※アーセナル対リヴァプール戦は、11月3日 (土) 深夜 2:15から『J SPORTS 4』で生中継いたします。

粕谷 秀樹

ワールドサッカーダイジェスト初代編集長。 ヨーロッパ、特にイングランド・フットボールに精通し、WWEもこよなく愛するスポーツジャーナリスト。

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
サッカー フットサルを応援しよう!

サッカー フットサルの放送・配信ページへ