人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

サッカー フットサル コラム 2018年8月13日

開幕戦からアーセナルを圧倒 今季もマンチェスター・シティ中心の展開になるのか

後藤健生コラム by 後藤 健生
  • Line

一方のアーセナルは、これだけ押し込まれる展開になってしまうと、新監督の方向性を見せるどころではなくなってしまった。故障者も多く、しばらくは苦しい戦いが続くことだろう。昨シーズンの王者に圧倒された試合だったが、強いてポジティブな面を見るとすれば、新加入選手の一味違ったプレーくらいだろうか。

一人目は、左サイドバックのエインズリー・メイトランド=ナイルズの負傷によって急遽投入されたステファン・リヒトシュタイナー。本職の右ではなく左サイドでも強引なアップダウンでチームに推進力を与えることに成功した。テクニシャン・タイプの多いチームの中でアクセントを付けるプレーヤーになれそうだ。

また、やはり新加入でいきなりセントラルMFとして先発した19歳のマテオ・グエンドゥシ。前半は慣れないプレミアリーグの舞台で、マンチェスター・シティのパス回しに振り回され続けたものの、後半に入ると試合のリズムにも慣れて、アグレッシブな姿勢を見せた。こちらも、今までのアーセナルとは一味違うダイナミックさを持った選手だけに楽しみだ。

後藤 健生

後藤 健生

1952年東京生まれ。慶應義塾大学大学院博士課程修了(国際政治)。64年の東京五輪以来、サッカー観戦を続け、「テレビでCLを見るよりも、大学リーグ生観戦」をモットーに観戦試合数は3700を超えた(もちろん、CL生観戦が第一希望だが!)。74年西ドイツ大会以来、ワールドカップはすべて現地観戦。2007年より関西大学客員教授

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
サッカー フットサルを応援しよう!

サッカー フットサルの放送・配信ページへ