人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

サッカー フットサル コラム 2018年8月1日

岡崎慎司の同僚DFマグワイア。レスター残留有力? それともマンチェスターU移籍か?

元川悦子コラム by 元川 悦子
  • Line

しかしながら、レスターの方も昨季獲得したばかりのマグワイアを手放す気は一切ない様子。フートが昨季限りで退団し、モーガンもすでに34歳と大ベテランの域に差し掛かっているため、レスターとしてもマグワイアにいてもらわなければならないという事情もある。これまでマンチェスターUやアントワープ、サンダーランド、ウエストブロミッチでキャリアを積んだ30歳のジョニー・グラント・エバンスを新戦力として獲得したものの、彼がどこまでレスターにフィットするかも未知数の部分がある。

昨季も期待の大きかったFWケレチ・イヘアナチョがわずか3ゴールに終わるという予想外の展開に陥っているだけに、新戦力に依存するのは厳しい。クロード・ピュエル監督にとってもマグワイアが残留するか否かで今季の戦い方が大きく変わると言っても過言ではないだけに、何としても引き留めたいのが本音だろう。

マグワイアにしてみれば、ビッグ6の名門・マンチェスターUに赴けば、プレミアのみならず、UEFAチャンピオンズリーグの大舞台を経験できるというメリットがある。ジェシー・リンガードやマーカス・ラッシュらイングランド代表のチームメートもいて、いい刺激を得られる環境であるのも事実だ。ただ、レスターに残ればより重責を担い、リーダーシップを発揮しながらシーズンを戦うことができる。それはDFにとって大きな経験値になる。果たしてマグワイア自身はどちらを選ぶのか。今季のプレミア移籍期限は開幕直前の9日に設定されている。あと10日弱でどういう結論になるのかをしっかりと見極めたい。

代替画像

元川 悦子

もとかわえつこ1967年、長野県生まれ。夕刊紙記者などを経て、94年からフリーのサッカーライターに。Jリーグ、日本代表から海外まで幅広くフォロー。ワールドカップは94年アメリカ大会から4回連続で現地取材した。中村俊輔らシドニー世代も10年以上見続けている。そして最近は「日本代表ウォッチャー」として練習から試合まで欠かさず取材している。著書に「U-22」(小学館)「初めてでも楽しめる欧州サッカーの旅」(NHK出版)ほか。

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
サッカー フットサルを応援しよう!

サッカー フットサルの放送・配信ページへ