人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

サッカー フットサル コラム 2018年5月15日

勝点の桎梏から開放された結果の「5対4」 ケイン、ヴァーディーの2ゴールはイングランド代表への朗報?

後藤健生コラム by 後藤 健生
  • Line

今シーズンのチャンピオンズリーグでは準々決勝や準決勝で派手な点の取り合いが続いた。ほんの数年前までは、アウェーゴール・ルールがあるCLではファーストレグでは相手にアウェーゴールを与えたくないという気持ちが強すぎて、ホームチームも守備的に戦ってスコアレスドローになることが多かったが、すっかり様変わりだ(もちろん、激しい守備をスピードでかいくぐるのが、現代版の「攻撃サッカー」であり、バッティ記者は喜ばないだろうけれども)。

ロシアでのワールドカップでも、おそらく現代版攻撃的サッカーが展開されるだろう。 プレミアリーグ最終戦で代表のCFであるケインとヴァーディーが複数点を取ってみせてくれたあたり、イングランド代表にとっても朗報ではあろう。

そういえば、トッテナムのDFのヴェルトンゲンとトビー・アンデルヴェイレルトはベルギー代表であり、両チームはグループリーグの3戦目で対戦することになっている。そして、万が一、日本代表がグループリーグ突破を果たせば、ラウンド16ではイングランド、ベルギーのどちらかと対戦することになるのだ。岡崎慎司が欠場したプレミアリーグ最終戦も、日本にとって決して他人事ではなかった。

後藤 健生

後藤 健生

1952年東京生まれ。慶應義塾大学大学院博士課程修了(国際政治)。64年の東京五輪以来、サッカー観戦を続け、「テレビでCLを見るよりも、大学リーグ生観戦」をモットーに観戦試合数は3700を超えた(もちろん、CL生観戦が第一希望だが!)。74年西ドイツ大会以来、ワールドカップはすべて現地観戦。2007年より関西大学客員教授

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
サッカー フットサルを応援しよう!

サッカー フットサルの放送・配信ページへ