人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

サイクル ロードレース コラム 2022年3月2日

【輪生相談】乗鞍75分切りを目指してトレーニングしています。強くなれるアドバイスをいただけますでしょうか|サイクルロードレース

輪生相談 by J SPORTS 編集部
  • Line

いつも楽しく拝見させてもらってます。質問と言いますか相談です。54歳にして乗鞍75分切りを目指してトレーニングしてますがぜんぜん強くなれません。もう限界でしょうかね…何かアドバイスくだされば幸いです。宜しくお願いします。

(会社員 男性)

栗村さんからの回答

栗村さん

そのご年齢で75分切りというと、かなりのレベルですね。ハードにトレーニングされている様子が浮かびます。

まずお伝えしなければいけないのは、年齢とは無関係に、人間の肉体には限界があるということです。その限界が75分なのか60分なのかは生まれ持った資質や年齢などで決まります。だから、質問者さんが75分を切れるかどうかは僕にはわかりません。

寿命を縮めるような極端なことはせず、常識的な取り組みの範囲内では76分が質問者さんの限界かもしれませんし、追い込む余地が残されていれば70分を切れるかもしれない。もっとも、専属トレーナーなどを雇って様々なテストを行わないと、正確なことはわからないでしょう。

その一方で、正しいトレーニングを続ければ限界近くまで伸びていくのも事実です。だから人々はトレーニングを頑張るわけですが、ここで非常に重要なのが「頭打ち」という概念です。

トレーニングをはじめたばかりならぐんぐんと伸びますが、やがて伸びのスピードは鈍り、いつかは頭打ちする。それは質問者さんでも世界トッププロでも変わりません。

ただ、頭打ちには2種類あるんです。1つ目は、さっき書いたように、肉体的資質による頭打ち。年齢による限界をここに含めてもいいとも思いますが、いずれにしても、こればかりはどうしようもありません。

でも、もう1つの頭打ちは乗り越えられる可能性があるんです。それはメンタル面での頭打ちです。平たくいうと、マンネリですね。スランプとか、燃え尽きと言ってもいいでしょう。そして質問者さんのいう「限界」がメンタル面での頭打ちの場合、肉体的な限界はまだ先にあるかもしれません。

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
サイクル ロードレースを応援しよう!

サイクル ロードレースの放送・配信ページへ