人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

サイクル ロードレース コラム 2013年8月26日

ブエルタ・ア・エスパーニャ2013 第2ステージ レースレポート

サイクルロードレースレポート by 宮本 あさか
  • Line

「こんな素晴らしい1日の終わりに、区間を勝ちに行けなかったなんて、ちょっとほろ苦い味がするよね。でも、それ(区間勝利)が目的ではないから」(バルベルデ)

その代わりにレオポルド・ケーニッヒが、ゴール前1.5kmでアタックを仕掛けて、ステージの終わりに熱を吹き込んでくれた。なにしろチェコ一周総合覇者にして、ツアー・オブ・カリフォルニアでは区間勝利を上げた注目株の攻撃に、「プリト」の右腕ダニエル・モレーノ、Ag2rのエース役ドメニコ・ポッツォヴィーボ、さらにはサクソ・ティンコフが贅沢に揃える4枚の切り札の1人、ニコラス・ロッシュが次々と反応したからだ!

「ケーニッヒが飛び出したとき、今こそボクのチャンスだ、と思ったんだ。だってスプリントにもつれ込んだら、バルベルデのような選手には勝てないから。だから飛び出した」(ロッシュ)

その中でも、「1年以上勝っていないから、絶対にこのブエルタでは区間勝利を上げたい」と開幕前に意気込みを語っていたポッツォヴィーボが、「それほどボクの脚質には合っていなかったんだけど」と言いながら、ラスト1kmから畳み掛けるように加速した。しかし、2011年ツアー・オブ・北京第3ステージ以来、約2年近く勝ってなかったロッシュのほうが、勝利への渇望は大きかったようだ。ゴール前500mで抜き去ると、そのまま1級山頂で両手を天につき上げた。

「とにかく冷静でいるよう心がけた。かなり遠くからスプリントを始めて、そのままフィニッシュラインまで押し切った。本当に嬉しい。ようやく、解放された気分だよ。だって自分のキャパシティを徐々に疑い始めるようになってしまっていたし、勝てないことにフラストレーションも感じていたからね。でもチームメートのロジャースから、絶対に、もうすぐ勝てる、と言われていた。そして、ボクはついにやった。しかも一番お気に入りのブエルタで!(ロッシュ)

過去4度参戦したブエルタは、全て総合16位以内で終えてきた(2010年は繰り上がり6位)。「ブエルタとは相性がいい」と、常々語ってきた。つまりスペインで、勝つべくして、勝ったのだ。2歳年下の従兄弟ダニエル・マーティンに遅れること2年、待望のグランツール区間初勝利だった。しかも1987年にジロ&ツール&世界選手権全制覇を成し遂げた「パパ」ステファン・ロッシュさえ手に入れたことのない、貴重なブエルタの勝利(ステファンは1992年大会の1回参加のみ。1994年までブエルタは春開催だったため、ジロやツールとの連戦は非常に難しかった)。さらに区間勝利には3色のジャージ、緑=ポイント賞、青玉=山岳賞、白=複合賞さえもついてきた。

メイン集団に最後まで居残った総合勢の面々は、ホアキン・ロドリゲスが12秒遅れで先んじた以外は、みな揃って14秒遅れのメイン集団でゴールした。つまり前夜チームメートに首位通過&マイヨ・ロホを譲ったヴィンチェンツォ・ニーバリが、至極あっさりと、2日目で赤色のジャージを身にまとうことになった。

「今日のようなフィニッシュは、ロドリゲスやバルベルデに向いていた。だからボクはただ、総合争いのことだけを考えて走り続けた。状況をきっちりコントロールするよう心がけたんだ。全てが上手く行った」(ニーバリ)

ボーナスタイムを手に入れたロッシュは、総合では8秒差の総合2位につける。また初日TTTでファビアン・カンチェッラーラが疾走してくれたおかげで、レディオシャックのアイマル・スベルディアにクリストファー・ホーナー、ロベルト・キセロフスキーが10秒遅れで総合3〜5位の座を、ベン・ヘルマンスが27秒遅れで7位の座を占める。結局はリーダーを張ることになりそうなウランは22秒差の6位に、最終峠でチームを働かせたバルベルデは27秒差の総合8位につけた。ロドリゲスはわずか2秒だけ接近したものの、ニーバリからの遅れは57秒と、いまだに大きい。

宮本あさか

宮本 あさか

みやもとあさか。パリ在住のスポーツライター・翻訳者。相撲、プロレス、サッカー、テニス、フィギュアスケート、アルペンスキーなど幼いときからのスポーツ好きが高じ、現在は自転車ロードレースの取材を中心に行っている。

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
サイクル ロードレースを応援しよう!

サイクル ロードレースの放送・配信ページへ