人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

サイクル ロードレース コラム 2020年9月7日

【宮本あさかのツール2020 レースレポート】スロベニア人によるワンツーフィニッシュ!初マイヨ・ジョーヌのログリッチ「最高にハッピーだ」 /  第9ステージ

ツール・ド・フランス by 宮本 あさか
  • Line

「最高にハッピーだ。なによりチームメートたちの仕事に報いることが出来て嬉しい。彼らはまたしても素晴らしい仕事を成し遂げてくれた。ただみんなには『区間勝利のために戦おう』って声をかけていたんだけどね。タデイにほんのちょっと届かなかった」(ログリッチ)

ログリッチと同時にフィニッシュしたベルナルは、総合5位から一気に2位へと浮上した。タイム差は21秒。つまりディフェンディングチャンピオンの遅れは、単純にボーナスタイムの差でしかない(第4ステージの優勝ボーナスタイム10秒+今ステージのボーナスポイント5秒+ボーナスタイム6秒)。

また11秒遅れでラインを越えたギヨーム・マルタンが、28秒差で総合3位の座を堅守。ロマン・バルデも30秒差で4位に踏みとどまり、ナイロ・キンタナとリゴベルト・ウランが32秒差で続く。今区間覇者のポガチャルは44秒差の総合7位。2日前の風分断で1分21秒を失い、16位まで後退した総合順位を、2日連続のアタックで再び上げてきた。

アダム・イェーツは4日間の黄色の日々を終えた。故郷イギリスに面した大西洋岸での休息日を、1分02秒の総合8位として静かに過ごす。そう、いつものツール・ド・フランスとは違って、ホテルにメディアが詰めかけることもなければ、家族や友が訪問してくることもない。ただオンライン記者会見や、もちろん新型コロナウイルスのPCR検査が待っている。

文:宮本あさか

宮本あさか

宮本 あさか

みやもとあさか。パリ在住のスポーツライター・翻訳者。相撲、プロレス、サッカー、テニス、フィギュアスケート、アルペンスキーなど幼いときからのスポーツ好きが高じ、現在は自転車ロードレースの取材を中心に行っている。

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
サイクル ロードレースを応援しよう!

サイクル ロードレースの放送・配信ページへ