人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

サイクル ロードレース コラム 2020年9月6日

【宮本あさかのツール2020 レースレポート】幸と不幸の両方がフランスを包む。ティボー・ピノ「今日はもしかしたらキャリアの分岐点かもしれない」 /  第8ステージ

ツール・ド・フランス by 宮本 あさか
  • Line

「他の選手たちは互いに顔を見合わせているだけ」なことに気がついたポガチャルは、改めてアタックを打つ。山頂までは残り5km。全力で駆け上がった。さらに下りでも最大限を尽くした。前日の風分断で失った1分21秒を、少しでも取り戻すために。同じく罠にはまったリッチー・ポートやミケル・ランダも遅れて加速をうち、タイム回収を試みるも、2人は下りで追いつかれた。しかし21歳の早熟な才能は、マイヨ・ジョーヌ集団に対して、最終的に40秒のリードつけた。つまり損失をちょうど半分に減らしたことになる。

行きもしないが、行かせもしない。ログリッチの完全な統制下に置かれた10人の集団は、塊となってフィニッシュへと向かった。残り1km付近でロマン・バルデが小さな飛び出しを成功させ、ほんの2秒を掠め取った以外は、揃って同タイムでフィニッシュラインを越えた。イェーツは黄色のままで、ログリッチも3秒遅れの総合2位のまま。

この10人+ポガチャルは、この日38秒遅れだったエンリク・マスとエマヌエル・ブッフマンも含め、総合では上位13位・1分34秒以内に詰めている。ちなみにフランスに幸と不幸が訪れたこの日、バルデもマンテ峠からの下りで落車した。最後にアタックする体力を残してはいたが、フィニッシュ後に、打ち付けた左膝の痛みを訴えている。

宮本あさか

宮本あさか

宮本 あさか

みやもとあさか。パリ在住のスポーツライター・翻訳者。相撲、プロレス、サッカー、テニス、フィギュアスケート、アルペンスキーなど幼いときからのスポーツ好きが高じ、現在は自転車ロードレースの取材を中心に行っている。

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
サイクル ロードレースを応援しよう!

サイクル ロードレースの放送・配信ページへ