人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

サイクル ロードレース コラム 2020年8月30日

【宮本あさかのツール2020 レースレポート】極限の緊張が襲った初日。落車に巻き込まれたピノ「人生で一番ストレスを感じた」/ 第1ステージ

ツール・ド・フランス by 宮本 あさか
  • Line

ところがブノワ・コヌフロワがアタックを仕掛け、「欧州チャンピオン」ジャコモ・ニッツォーロ擁するNTTプロサイクリングや、「アイルランドチャンピオン」サム・ベネットを支えるドゥクーニンク・クイックステップが回収に向かうと、再びスピードは否応なしに上がっていく。さらには中間ポイントを4位通過=メイン集団内で1位通過した「マイヨ・ヴェール常連」ペーター・サガンとボーラ・ハンスグローエの仲間たちが隊列を組み上げる側で、総合系チームも前方で警戒を強めた。

緊張は極限に達し、そしてストップウォッチが止まった瞬間に、一気に弛緩した。まさしく残り3kmのアーチの下で、この日最後の集団落車。開催国フランスにとっては最悪なことに、希望の星ティボー・ピノも地面に転がり落ちた。「もう運命なんて信じない」と大会前インタビューで語っていた30歳は、またしても、そう、またしても不運に見舞われた。

「人生で一番ストレスを感じた1日だった」とフィニッシュ後に吐き捨てたピノだが、不幸中の幸いか、右肩を軽く打ちつけた程度で済んだ。アシスト役ウイリアム・ボネの自転車を借り、チームメートにしっかりと囲まれ、自らペダルをこいでフィニッシュラインも越えている。しかも総合ライバルたちから、1秒たりともタイムを失ってはいない。

ステージタイムよりも、ステージ順位に重要性を見出す一部の選手たちは、大急ぎでフィニッシュラインへと突き進んだ。混乱の1日を象徴するように、スプリント列車は最後まで上手く統制の取れぬまま。それが「列車のない」クリストフには、どうやら吉と出た。

「今大会には、スプリントをしに来たわけではないんだ。総合を争うクライマーを助けるために来た。ただ機会が許せばスプリントをするつもりだった。もちろんたった1人でスプリントしなきゃならないとも、分かっていた。だから残り1kmでサガンの後輪についた。それからケース・ボルが上がってきたから、そちらの後ろに移った。彼はちょっと早く仕掛けすぎたから……実のところ、僕にとっては最高のリードアウトになったんだ」(クリストフ)

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
サイクル ロードレースを応援しよう!

サイクル ロードレースの放送・配信ページへ