人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

サイクル ロードレース コラム 2020年7月10日

バーチャル ツール・ド・フランス開催特別企画
Zwift × J SPORTSコラボ栗村流Zwiftの楽しみ方

サイクルロードレースレポート by 栗村 修
  • Line

② Zwiftの魅力的なコースについて

利用環境が整ったら早速Zwiftワールドに入ってみましょう!そこに広がるのはワクワクする様なバーチャル空間です。現在、10の「ワールド」が存在していて、更にその中にある「ルート」を合計すると80以上の選択肢となります。要するにその日の気分で走る場所を変えることができるんです!ルートは大きく分けると以下の通り。


  • Zwiftオリジナルワールド:ワトピア
    Zwiftの定番ワールドといえばやはりワトピア。海底コースや巨大な橋、そして、伝説の峠「ラルプ・デュエズ」をオマージュした「アルプ・デュ・ズイフト」など、バラエティに富んだコースが用意されています。
  • リアルレースコース:世界中の各都市
    過去に世界選手権やツール・ド・フランスなどで使用されたコースをバーチュアル上に再現しています。プロ選手たちが競い合ったあのコースを実際に走ることができるんです!


③ 栗村流トレーニングの方法!?

Zwiftに慣れてきたら、次は効果的なトレーニングプログラムや楽しく追い込めるグループライドにチャレンジしてみましょう!Zwiftには「ワークアウト」と呼ばれるトレーニングプログラムや、「ミートアップ」と呼ばれるグループライドが用意されています。


  • ワークアウトメニュー
    世界のトップコーチ陣が作成した1,000以上に及ぶワークアウトメニューが用意されています!更にすごいのは、ロードバイク用メニューだけでなく、トライアスロンやMTB、グラベル(シクロクロス)など、各競技の特性に合わせたメニューがあり、30分の短時間で終わるワークアウトなど、それぞれの目的にあった効果的なトレーニングを行うことが可能になります。
  • ミートアップ
    ミートアップ機能を利用すると、オンラインでのグループライドやグループトレーニング、更には簡単なレースも行えます。プロ選手と一緒にオンラインサイクリングを楽しめるイベントなども開催されています。これらの情報を得るには「コンパニオン」と呼ばれるアプリを別途ダウンロード(無料)します。
  • 栗村流トレーニング
    ちなみに元選手である「自転車おじさん」ことわたくし栗村修のオリジナルトレーニング方法もご紹介いたします。その内容とは…。「コース上にいる世界中のライダーを追いかけまわす!」です。「ワークアウトメニュー」や「ミートアップ」もいいですが、わたくしの様なアナログ世代としては、もっとシンプルに楽しく追い込む方法はこれしかありません!ちなみにバーチャル空間ですが走っている方々はリアルでもあるので、くれぐれもマナーには気をつけて追いかけまわしてくださいね…汗。
  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
サイクル ロードレースを応援しよう!

サイクル ロードレースの放送・配信ページへ