人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

サイクル ロードレース コラム 2018年5月1日

【エシュボルン=フランクフルト プレビュー】日本人選手4人が参戦! ドイツ伝統の5月1日にスピードマンが集結

サイクルNEWS by J SPORTS 編集部
  • Line

UCIワールドツアーの拡大に伴い、2017年にレースカテゴリーが昇格。これに合わせて、ツール・ド・フランスを主催するA.S.O.が大会の運営に名を連ねるようになった。

いわばドイツ自転車界を守り続け、復活の象徴の1つともいえる伝統の“5月1日”。春のクラシックシーズンがひと段落し、ツールやその先のシーズン後半戦にターゲットを定める選手たちのステップレースとしても重要度が高まっている。

レースはフランクフルト郊外のエシュボルンを出発し、すぐにフランクフルトを通過したのち針路を西へ。しばらくはワンウェイルートだが、中盤以降は複数の周回コースをめぐる。西側の大周回をおおむね3周し、その後小周回を1周。この間に4回通る登坂区間・マモルシャインは最大勾配にして26%に達する。

数時間前にスタートしたエシュボルンを通り、フランクフルトへと戻るといよいよフィナーレ。1周3kmの市街地サーキットを3周回してフィニッシュを迎える。

西側の周回コースを中心にハードな上りが集中するが、4回目のマモルシャインからフィニッシュまで約40km残されていることもあり、一度後退したスプリンターでもメインプロトンに復帰する猶予は大いに残されている。現に、スプリンターが勝利することが多い点でも、それを表しているといえるだろう。

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
サイクル ロードレースを応援しよう!

サイクル ロードレースの放送・配信ページへ