人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

バスケット ボール コラム 2020年11月20日

全文公開!Bリーガー独占インタビュー:増田啓介(川崎ブレイブサンダース #11)

B.LEAGUEコラム by 青木 崇
  • Line

増田啓介(川崎ブレイブサンダース #11)

Q 高校時代からミドルレンジのシュートがうまいという印象があって、筑波大の時にシュートレンジが広がり、今は3Pシューターとして存在感を示す機会が増えています。シュートに関しては子どものころから自信があったのですか?
「いや、全然そんなことはなくて、それこそ高校に行ってから『もっとシュート打っていいじゃない』と片峯(聡太)先生に言われました。大濠では先輩後輩でペアがあって、自分が1年生の時は杉浦佑成(島根スサノオマジック)さんだったんです。一緒にシューティングをしていて、佑成さんはすごくシュートが入っていたんです。自分が1年生で佑成さん3年生なのに、自分にも結構打たせてくれるんですよ。でも、自分は入学当初全然入らなくてめちゃ外していたので、『これはまずいぞと』思い、牧(隼利:琉球ゴールデンキングス)とシューティングをしていたら、ちょっとミドルが得意になったという感じです」

Q U19ワールドカップの時にすごく3Pシュートが入っていたから、上達したという印象を持ちました。あの頃は自分でもうまくなっているという感触がありましたか?
「いやぁ何と言うんですか、大学のころは先輩たちがすごく優しくて、特に自分がU19に行った時は2年生で、(青木)ヤスさんが4年生。『“好きに攻めていいよ”という感じで、自分たちがフォローするから増田とか牧は自由にプレーしなよ』みたいな感じですごく支えてくれたので、普段の試合からとにかく攻めたり自由にやらせてもらったので、そういうのがかなりあると思います」

Q 千葉ジェッツのシャノン・ショーター、富山グラウジーズのジュリアン・マブンガというウイングでプレーする外国籍選手とのマッチアップで奮闘しました。2017年のU19ワールドカップでもポジションが違うとはいえ、自身より大きな選手とのマッチアップすることを経験しています。彼らのような選手に対するディフェンスで心がけていたことは何ですか?
「自分だったり、クマさん(熊谷尚也)だったり、ハセさんがつくというのは、相手も体が大きくて力も強いと思うので、特に自分なんかは今のチームで1試合ずっと出るわけではないので、出ている時間帯で体を当てたりして、相手の外の外国籍選手はずっと長い間出るので、少しでも体を当ててフラストレーションを溜めさせたり、体力を削っていけたらということを意識しています」

  • Line

関連タグ

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
バスケット ボールを応援しよう!

バスケット ボールの放送・配信ページへ