人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

バスケット ボール コラム 2020年11月19日

全文公開!Bリーガー独占インタビュー:アキ・チェンバース(横浜ビー・コルセアーズ #10)

B.LEAGUEコラム by 青木 崇
  • Line

アキ・チェンバース(横浜ビー・コルセアーズ #10)

Q あなたは素晴らしいディフェンダーであると同時に、過小評価されていると思います。相手のベスト・プレーヤーに対するディフェンスを好んでやるようになったのはいつごろからですか?
「そう思い始めたのはかなり前のことで、浜松を離れて日立(現サンロッカーズ渋谷)に入った時です。あの時は私がどんな選手かなんてほとんど知られていなかったし、常にボールを持ってプレーする選手でないことも理解していました。自分がコントロールできることの一つはディフェンスであり、相手のベスト・プレーヤーの一人を止めることができれば、チームの勝つ可能性が増すと思ったのです。それが始まりでした」

Q 金丸晃輔に対するディフェンスで素晴らしい仕事をしていましたが、やはり彼はB1で最もマッチアップが大変な選手の一人ですか?
「彼は間違いなくその一人です。数多くのスクリーンを使ってからシュートを放つので、それに対応するだけでもかなり大変。よりフィジカルに対応することなど、私はできる限りのことをやり続けるしかないのです」

Q 2試合目のファウルトラブルは自身にとってもチームにとっても少し痛かかったのでは?
「ちょっとは…。でも、笛に対しては対処できたと思います」

Q オフェンス面では自己最高となる平均12.9点を記録するなど、いいプレーを続けています。カイル・ミリングコーチから何か新しいことを言われたのですか?それとも、よりアグレッシブにプレーしている結果でしょうか?
「よりアグレッシブにプレーしている成果です。いいタイミングで得点することと、今はより大きな役割を任されているということもわかっています。それを実践したうえでチームに貢献することを心がけています」

Q あなたは落ち着きと辛抱強さを持った選手だと思いますが、このチームのリーダーであるという意識はありますか?どんな感じでリーダーシップを発揮していますか?
「正直に話しますけど、思ったよりも簡単にできています。これまで所属してきたチームでは年齢の若い選手の一人でしたけど、ここ横浜に来てからの私は年上の部類に入りますし、リーグで経験も積み重ねてきました。情報の共有や私の経験を若い選手に伝えるのは簡単ですし、物事を正しくやる必要があると思った時、自分の思いをしっかり伝えようとしています。自分が言ったことや言いたいことが、チームのレベルアップにつながればという思いでやっています」

Q 以前に比べると、リーダーとしてより声を出すようになったわけですね?
「その通りです」

Q 最後に、今シーズンにおける自身とチームの目標をお聞かせください。
「一選手としては、常にチームの勝利に貢献できるようにベストを尽くすこと。いつものようにできる限り最高レベルのディフェンスをし、チャンスが巡ってきた時にショットを決めることです。チームとしては、最下位から脱出してトップチームの一角と行かないまでも中位くらいまで上がりたい。チームの進歩に時間がかかっていることを理解していますし、我々はそこに到達できるだけの戦力が揃っていると信じています」

文:青木 崇

【Bリーガーインタビュー】

横浜ビー・コルセアーズ 10番/SF アキ・チェンバース(取材日:2020年11月18日)

青木 崇

青木 崇

NBA専門誌「HOOP」の編集者からフリーのバスケットボールライターとなる。NBAファイナル、NCAAファイナル4、世界選手権などビッグイベントの取材や執筆活動を行なっている。

  • Line

関連タグ

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
バスケット ボールを応援しよう!

バスケット ボールの放送・配信ページへ