人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

バスケット ボール コラム 2020年11月16日

全文公開!独占インタビュー:馬場雄大(メルボルン・ユナイテッド)

バスケットボールレポート by J SPORTS 編集部
  • Line

人を魅了できることを自覚して欲しい

馬場雄大

ウインターカップでの悔しい経験がその後の馬場選手を形成する

Q.ウインターカップの記憶
悔しい結果に終わった2大会ですし、全国のレベルの高さというか、チームとしてもそうですし、個人としてもレベルの高さを感じた大会でした。

Q.2年生のときと3年生で出場した大会では違った思いがありましたか?
3年生は最後の大会だったので懸ける思いは強かったですし、より一層負けた時の悔しさは大きかったですね。

Q.当時、印象に残った選手は?
大会を通じて一緒の大学にも行った杉浦佑成と、青木保憲の(福岡大学附属)大濠高校組はすごく注目して見ていました。彼らの活躍はすごく刺激をもらっていました。

Q.全国で感じた具体的なレベルの差とは?
どう戦うかというところだと思っています。ただバスケットボールをするだけでなく、おさえるところをちゃんと潰しにくるだとか、チームとしてのスカウティングもできていましたし、監督の考えを遂行するという力はさすが全国大会のレベルだなと思いました。

Q.ウインターカップでの悔しい経験は大学進学後にも大きな影響を与えましたか?
その悔しい思いから、大学で日本一を取りたいという思いでやっていました。ウインターカップで経験した悔しい思いが無ければここまで日本一に拘ってはいなかったと思いますし、そういった部分ではぼくを突き動かしてくれたのがその大会だったと思います。

Q.最後の試合を終えた後
結構ポジティブなので、ダラダラ引きずってはいないタイプだったと思います。東京に残って最後の決勝戦まで見ました。同世代で一緒に日本代表として戦ってきたメンバーだったので、親近感が持ちながら観戦したことを覚えています。(特に記憶に残ってる試合も)やっぱり決勝戦ですね。八村塁が初めてウインターカップに出て、あそこまで活躍したのもそうですし、杉浦と青木からは日本一になりたいという思いをずっと聞いていたので、その中で最後勝ちきれなくて、悔しい姿を見たっていうのは、大学で一緒に日本一を獲ろうという強い気持ちにもなった試合ですし、すごくその試合は印象に残っています。
(決勝直後)杉浦と青木には僕から直ぐに連絡しました。その時には大学で一緒にやることが決まっていたので、大学で取り返そうということを話しました。塁とは試合前に観客席とコートサイドで少し話したくらいでしたね。

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
バスケット ボールを応援しよう!

バスケット ボールの放送・配信ページへ