人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

バスケット ボール コラム 2020年10月20日

全文公開!Bリーガー独占インタビュー:ジョシュ・ホーキンソン(信州ブレイブウォリアーズ #24)

B.LEAGUEコラム by 青木 崇
  • Line

Q とてもハードに、そして賢く、ファンダメンタルを上手に使ってプレーしていますが、リバウンドは間違いなく強みだと思います。ワシントン・ステイト大時代には3シーズン連続で10本以上の平均、リバウンドの総数とダブルダブルでチーム史上最多の記録を持っています。たくさんのリバウンドを奪ううえでのカギは何だと思っていますか?
「今は自分が唯一のビッグマンだし、奪わなければならない状況です。とはいえ、リバウンド力に対しては誇りを持っていますし、奪おうとしない選手もかなりいると思っています。大学時代はコーチから『ガードにお前のリバウンドを絶対奪われるな!彼らは得点やアシストを記録するだろうけど、ディフェンスでもオフェンスでもリバウンドはコントロールできるはずだ』と言われていました」

Q リバウンド以外の強みは?
「インサイドでもアウトサイドでもプレーできることです。最初の2試合は唯一のビッグマンということあり、センターとしてインサイドにいなければならない状況でしたので、アウトサイドに出ることがほとんどありませんでした。センターとして40分間試合に出続けて、自分よりもフィジカルが強い相手のビッグマンたちと激しく戦い続けられたことは、彼らからの尊敬を得るに値するものだったと思います」

Q ご両親は賢いことに加え、大学卒業後にプロとしてプレーしていた経歴を持っています。人間として、バスケットボール選手として成長していく過程で、ご両親の存在はどんな意味がありましたか?
「バスケットボールはずっと自分の血液のようなものです。両親は大学とプロでプレーしましたし、父はプロ選手から引退した後に大学のコーチになりました。自分の周りには常にバスケットボールがあり、母が自分にとって最初のコーチであり、父が成長の過程でいろいろ教えてくれました。3歳か4歳の時からバスケットボールをし始め、『Ball』は自分が話した最初の言葉でした」

  • Line

関連タグ

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
バスケット ボールを応援しよう!

バスケット ボールの放送・配信ページへ