人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

バスケット ボール コラム 2020年10月3日

【高校バスケ対談】北陸学院 長田和也 × 北陸高校 土家拓大「応援してくれる方々へ恩返しを」

バスケットボールレポート by J SPORTS 編集部
  • Line

長田:チームとしてはモチベーションも上がってきています。インターハイが中止になったときには3年生中心に暗くなったりしましたが、ウインターカップはあると信じて、自分からしっかり「ウインターカップあるから頑張ろう」と声を掛けています。練習の雰囲気も上がってきて、いい感じになってきたと思います。

−−−−−インターハイ中止を受けて

土家:中止を聞いたときは、ウインターカップに向けて頑張ろうと直ぐに切り替えることができましたが、その後もウインターカップの開催がまだ分からないとなって、ちょっと心が下向きになるところがありました。だから、インターハイが無くなったときは、正直きつかったですね。(ウインターカップでは)インターハイが無くなった分、爆発させて去年より良い成績を残せたらと思います。

バスケが出来ない期間はずっとバスケの動画を見たりしていました。お兄ちゃんが大学から帰ってきていて、普段は兄とバスケの話はしませんが、そういう機会にバスケの話をしたとき、兄はモチベーションが高くて自分も刺激を与えてもらいました。休み期間には、バスケへの想いが一段と強くなったと感じました。

長田:自分たちが目標にしていたことなので、目標が無くなったと最初は思いました。ただ、3年生が暗くなったら後輩達も暗くなるだろうと思って、3年生中心に明るくして、自粛期間中でも部員内で出来ることがあったので、課題などを出し合って身体がなまらないようにしていました。

自粛期間中は体育館も使えなくて、シューティングとかもしたかったですが出来なくて、外でドリブルなどの出来ることをやりました。チームでもしっかり課題を出し合って、出来るまで家に入れないみたいなことを言っていました。バスケを早くやりたいとか、やっぱりバスケは楽しいということに気付かされましたし、こういう状況になったからこそ、仲間の大切さとかもすごく分かりました。

−−−−−ウインターカップで最も残っている記憶は?

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
バスケット ボールを応援しよう!

バスケット ボールの放送・配信ページへ