人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

バスケット ボール コラム 2020年10月3日

【高校バスケ対談】北陸学院 長田和也 × 北陸高校 土家拓大「応援してくれる方々へ恩返しを」

バスケットボールレポート by J SPORTS 編集部
  • Line

土家:ぼくらはまだ留学生がいない状態で、メンバーも揃っていなくて本調子ではなかったです。北陸学院と試合はしなかったですけど、決勝戦とか準決勝を見ていて、すごい気持ちよく外から打てる選手が多くて、あのシュートを打たせてしまったら流れに乗られてしまうことは分かっています。今の北陸は留学生も来て、メンバーの怪我もないなので、走るバスケをもう一回徹底して、次は全国制覇を目指して頑張りたいと思っています。

長田:シュートが入って点差も離せた部分もありましたが、自分たちのチームは基本的に身長が小さくて、留学生に対するディフェンスが対応できていなかったです。北信越が終わってからはしっかり留学生への寄りや、オフェンスの部分ではしっかり走ってブレイクを出そうと意識して、ウィンターカップに向けて頑張っています。

−−−−−現在はどのような課題意識を持ってトレーニングを行なっているか?

土家:チームとしては、留学生も入れて5人全員がしっかり走れるバスケを徹底していて、個人としてはスピードに合わせたフィニッシュ力というか、フィニッシュもできるしアシストもできるという選手になりたいと思っています。

長田:チームとしては、トランジションディフェンスやオフェンス、ブレイクを多く出すために練習しています。個人としてはもっとフィジカルをつけたいと思っています。下半身も結構追い込んで、フィジカル負けしないように取り組んでいます。北信越新人大会のときに開志国際のジョーンズ選手にフィジカルで負けた部分があったので、やっぱりそこはしっかり耐えて止めたいと思っています。

−−−−−ウインターカップまで約3ヶ月となるが、モチベーションは上がってきているか?

土家:正直まだ、チームとしては上がっていません。これから上げていかないといけない意識はありますが、インターハイが無くなって、ウインターカップもあるか分からないというこの状況で、モチベーションを保つのは難しいです。やっぱりキャプテンとしてみんなに声を掛けて、盛り上げていきたいと思います。いまは不安の方が大きいかもしれません。「本当にあるのか」と、弱いところが出ちゃっています。

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
バスケット ボールを応援しよう!

バスケット ボールの放送・配信ページへ