人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

バスケット ボール コラム 2020年9月11日

【高校バスケ対談】大阪薫英 安田茉耶 × 大阪桐蔭 大崎莉瑚「5人でバスケットをして勝つ」

バスケットボールレポート by J SPORTS 編集部
  • Line

−−−−−ウインターカップに懸ける想い

安田:インターハイという大きな大会がなくなって、どこの高校の3年生もウインターカップに懸けてやってくるので、それに対して自分たちは受け身にならずに、自分たちらしい攻撃的なバスケットをしっかりコートの中で全部出して、全国制覇という目標に向かって、日本一になれるように頑張りたいと思います。

1年生のときも2年生のときも、準優勝だったり3位で終わってしまいました。全国的にも桜花学園や岐阜女子が強いと言われていて、2年とも桜花や岐阜女に負けているので、今年こそはしっかりとそこに勝ち切って優勝したいです。

(桜花と岐阜女には)留学生がいて、一人ひとりの個人のスキルも高いです。薫英は身長が小さいし、留学生もいない分、しっかり5人でバスケットをして勝とうという話はしています。

大崎:インターハイがなかった分、まずはウインターカップの予選で薫英を倒すことを目標に日々練習しています。3年生が最後なので、その最後の大会に向けて今やれることをしっかりやって、全国制覇に向けて、気持ちはどこのチームにも負けない思いで練習しています。

(ウインターカップでは)去年1点差で負けてしまいました。自分たちのリズムでできていたのに、なにが起こるか分かりません。1点で競り勝てるようなチームになれるように、同じ悔しい思いはしないようにと考えています。

安田:大阪予選で桐蔭と当たるのは分かっているし、3年生が最後だから必死にやってくることを分かった上で、しっかり3Pのところをケアするとか、強い気持ちに受けて立たないように、自分たちから攻めて、攻撃的なバスケットで負けないようにと思っています。自分たちにとっても最後の大会です。この2年間、目標とする全国制覇には届いていないので、一戦一戦勝ち上がって日本一になります。

大崎:去年の1点差で負けた悔しさを全員がしっかり胸に刻んでコートに立って、自分たちの《チームでやるバスケット》をできるようにしっかり練習して、日本一目指して頑張ります。

高校バスケ対談:大阪薫英 安田茉耶 × 大阪桐蔭 大崎莉瑚

文:J SPORTS編集部

J SPORTS編集部

J SPORTS 編集部

 

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
バスケット ボールを応援しよう!

バスケット ボールの放送・配信ページへ