人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

バスケット ボール コラム 2020年5月20日

「困難しかない!」今プロスポーツチーム運営は! 山野勝行(Bリーグ アースフレンズ東京Z 代表)×坂本竜介(Tリーグ T.T 彩たま 執行役員監督)×谷口廣明(スポーツアナウンサー) 困難突破トーク

J SPORTSプロデューサーコラム by 杉山友輝(J SPORTSプロデューサー)
  • Line

オンラインの活用次第では「濃厚」なふれあいが可能

坂本氏

卓球選手のセカンドキャリアにおけるパイオニア的存在の坂本氏。多くの卓球選手から兄貴分として慕われている

谷口:両チームとも、ベンチャースピリットにあふれていますが、今後どんな取り組みを考えていますか?

山野:選手に会いたい、話したい、プレーを見たいというのがニーズだと思うが、体育館が使えないので、ZOOMなどを駆使して選手と一対一で会話ができる「Zの部屋」という企画がスタートしました。試合があるのは年間60日程度。会場に行けない方や試合がない300日を、ファンの皆様にどうワクワクしてもらえるか、さらに企画を仕掛けます。

坂本:スポンサーの協力なしにプロチームは運営できません。スポンサーメリットをどうするかを考えるなかで、営業手段のひとつとしてオンラインは適していると思います。Tリーグには、卓球をやっている人なら誰でも知っている世界トップの選手が集まっているので、企業の代表や営業さんも参加してもらって、選手と共にCMを作ったりしたいです。また、卓球は子供たちも多いので、映像を送ってもらって選手が直接アドバイスする形を取れば、講習会や卓球教室、ファンミーティングでは出来ない「選手と一対一」という空間が作れます。オンラインの活用次第では、濃厚なふれあいが可能なんです。


T.T 彩たまは3歳児と4歳児と契約

坂本氏2

Tリーグの中でも断トツのSNS発信数やイベント数を誇るT.T彩たま。坂本氏も必死になってアイデアを考えるという

谷口:チーム運営と言う面では、選手の育成もしにくい状況にありますね。

山野: ユースは学校が休校しているのと、体育館が使えないので一旦活動中止となっています。全中やインターハイの中止は、大切な機会の損失ではありますが、今できることとして、担当コーチとオンライン面談を行い、細かな指導しています。

坂本:Tリーグは2018年にスタートしましたが、T.T 彩たまはその時点で3歳と4歳児と契約をしているんです。極論ですが、卓球は始めるのが早ければ早いほど、ボールの感覚が身に着きやすいと言われていて、一流選手になるには7歳までに始めなければならないとまで言われています。
T.T 彩たまは今年2月にホームグラウンドが完成し、3月からトップチームとジュニアチーム、卓球教室の運営がスタートする予定でしたが、それも中止となりました。
選手それぞれに、練習ができない辛さ、レベル維持などの苦労はあります。
でも、卓球は二人いればできることと、卓球台がそこまで大きくないこともあり、家に卓球台をいれて自宅で練習している選手もいます。

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
バスケット ボールを応援しよう!

バスケット ボールの放送・配信ページへ