人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

バスケット ボール コラム 2019年5月1日

【2018-19 B.LEAGUE NOTEBOOK 26】 ミニインタビュー:篠山竜青(川崎ブレイブサンダース #7)

B.LEAGUEコラム by 青木 崇
  • Line
【2018-19 B.LEAGUE NOTEBOOK 26】 ミニインタビュー:篠山竜青(川崎ブレイブサンダース #7)

Q ターンオーバーが6つありました。栃木のプレッシャーはレギュラーシーズンからわかっていたと思いますが、チャンピオンシップになってより一層強度を高めてきた感覚がありましたか?
「どうなんですかね。久々でしたので、レギュラーシーズン最後に戦ったのが1月(26日)なので、こういう言い方していいのかわからないですけど、中地区にはないディフェンスだと思います。そこの部分で栃木のディフェンスに慣れるまで、少し時間が要るだろうなというイメージはしていました。初日の前半は苦しむだろうなという覚悟を持ってこのシリーズに乗り込みましたけど、対応というのが後手後手になってしまった部分はあると思うし、結局今日の後半なんかも落ち着いてセットをコールするというよりは、とにかくボールラインを下げてローポストに一度預けてからバスケットを展開してほしいということで意識していましたけど、ハーフライン付近でのプレッシャーに対してボールを押し込めなかった。そこからどういうオフェンスを展開していくのか曖昧なまま、なかなかオフェンスを整備できないまま、僕もなあなあな中でやってしまったので、一瞬の感覚だけで行けそうだからパスを出す、そこにディフェンスがいるから取られるというところが連続してしまったというのは非常に勿体なかったと思いますし、自分のポイントガードとしての力量不足かなと思います」

Q 昨日も今日も点差が開いてしまいましたが、連戦で昨日の後に今日というのは、わかっていても立て直すのが難しかったですか?
「昨日あそこまで点差が離れてしまったので、今日は切り替えてやるしかないと思っての前半だったんですね。最後比江島選手に3Pやられて4点(ビハインド)になりましたけど、ついて行けているという手応えはあったんですが、やはり後半の出だしのところでガス欠とまで行かないですけど、かなりディフェンスのインテンシティを高めてやっていたので、そこが脚にきていた部分はあるのかと思いますね」

Q 前からのプレッシャーがきつくなり、ポストへのエントリーパスが相手に読まれやすかったことは、ターンオーバーにつながったと思えますか?
「うちがこだわってローポストからというのは向こうもわかっていたと思いますし、そこの裏を突いて違う展開という余裕みたいなものが今シーズンはそこまで持って行けてなかったかなと。昨日も今日もそうですけど、すべて後手後手だったというところがあるかもしれないですね」

青木 崇

青木 崇

NBA専門誌「HOOP」の編集者からフリーのバスケットボールライターとなる。NBAファイナル、NCAAファイナル4、世界選手権などビッグイベントの取材や執筆活動を行なっている。

  • Line

関連タグ

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
バスケット ボールを応援しよう!

バスケット ボールの放送・配信ページへ