人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

バスケット ボール コラム 2019年3月4日

【2018-19 B.LEAGUE NOTEBOOK 18】ミニインタビュー:柏木真介(新潟アルビレックスBB #3)

B.LEAGUEコラム by 青木 崇
  • Line

Q ここ数年はプレータイムが少なかったので、これまでの疲労が蓄積した状態ではない状態でシーズンに臨めていることが、いいパフォーマンスにつながっているのですか?
「体のコンディションは三河を出る時からよかった。もちろんそれがなかったら、悪かったら三河に残れていない。去年名古屋に行った時、チームは世代交代だったので、(若手を)サポートするベテランということが理解できるので、その役割を全うしただけ。逆に新潟ではプレータイムがたくさんあって、プレーで示さなければならないので、その違いだけだと思います。新潟に来てプレータイムが長くなっているのは、最初きつかったですね、正直。やると慣れてくるので、意外に持つんですよ。長く出してもらっているので、ゲーム感といったことが戻ってきています。それは新潟に来て去年と違う役割をやっていることによって、自分自身も忘れかけていたというか、プレータイムがなかった分できなかったことを今はできているかなというのがあります」

Q ジェリコ・パブリセビッチコーチの厳しい練習を日本代表で経験してきたから、その時の貯金として残っている感じでしょうか?
「元々体力はあった。プレーしていないとどうしても体力が落ちてしまうものですけど、このチームはベテランを使ってくれる。名古屋ではサポート役ですけど、今はベテランが引っ張っている。それが僕自身にとっていい方向に行っているかなと」

Q サポート役ではなく、試合に出ていることでの充実感がありますか?
「そうですね。プレーできるのは改めてうれしいですし、ありがたみを感じます。逆に、この立場で出るということは、若手に対してもしっかり示さなければいけない。ここにはバスケットを楽しもうという思いで来ているから、その中でチームの目標に手助けできたらいいなと。今はとにかくバスケットを楽しむことを第一にやっていますね」

Q レギュラーシーズン残り18試合、新潟はチャンピオンシップに向けてすごくチャンスがあるチームですね?
「まずはチャンピオンシップ(進出)がチームの目標なので、それを達成すること。その先はいくらでもチャレンジできるので、まず(チャンピオンシップ)進出を決めて、(そこから)優勝できたらなと思います」

青木 崇

青木 崇

NBA専門誌「HOOP」の編集者からフリーのバスケットボールライターとなる。NBAファイナル、NCAAファイナル4、世界選手権などビッグイベントの取材や執筆活動を行なっている。

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
バスケット ボールを応援しよう!

バスケット ボールの放送・配信ページへ