人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

バスケット ボール コラム 2019年1月22日

【Bリーグ 2018-19第20節 栃木 vs 渋谷プレビュー】オフェンスの起点として、チームに新しいオプションを加えた#6比江島。ホームデビュー戦で初勝利なるか

B.LEAGUEコラム by 片岡秀一
  • Line

デビュー戦では、試合に途中出場した最初のオフェンスより、ピック&ロールで#6比江島が仕掛ける形でオフェンスがスタートした事からも、オフェンスの起点として期待されている事が分かる。スタッツこそ、15分の出場で、6得点に終わったが、4アシストは見事。アシストという記録に残らないが、アシストパスの一つ前段階でのパスの供給源として素晴らしい働きを見せた。

元々、栃木は強固なディフェンスディフェンスと、#4ジェフ・ギブスに代表される強烈なオフェンスリバウンドを武器とし、ミスの少ない洗練されたチームオフェンスを駆使してシュート本数の非常に多いチーム。

惜しくも破れた天皇杯の決勝、千葉戦ではOREB%(オフェンスリバウンドの機会があった際の占有率)で43%という圧倒的な数字を残した。それでも、僅差で試合を落としたのは、シュート成功率で千葉に上回れたことが影響するのであるが、自らも得点でき、周りにもパスを供給できる#6比江島選手が及ぼす影響は非常に大きくなるであろうことを予感させた。アウトサイドが好調な#9遠藤祐亮、さらなる活躍が期待される203cmの#21橋本晃佑らへ良質なシュートチャンスは増えていくだろう。

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
バスケット ボールを応援しよう!

バスケット ボールの放送・配信ページへ