人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

バスケット ボール コラム 2019年1月7日

【2018-19 B.LEAGUE NOTEBOOK 13】筆者独断による今週のスターたち

B.LEAGUEコラム by 青木 崇
  • Line

★★:柏木真介(新潟アルビレックスBB #3)

新潟への移籍が正しい決断と証明するかのようなシーズンを過ごしており、京都ハンナリーズとの2連戦では11点、18点を記録。五十嵐圭とのベテランポイントガードコンビは、新潟が中地区首位を維持している理由の一つと言っていい。京都との2戦目、残り2分3秒で決めたレイアップは、逆転された直後ということからもビッグプレーであり、経験豊富なベテランならのメンタルタフネスが発揮されたもの。今季2ケタ得点を奪った試合で、新潟の成績は10勝2敗というデータからも、柏木が貴重な存在であることを示している。

★:石井講祐(千葉ジェッツ #27)

3Pシューターというスペシャリストから、ガードとしてのプレーでシーズンを重ねるごとにレベルアップ。滋賀レイクスターズ戦は2試合とも11点で、3Pを7本中5本成功という高確率で決めていた。また、1戦目の5アシストは今季2度記録している7本に次ぐ数字であり、EFF18も3番目に高い。滋賀戦はトータルで1本、今季全体でも0本が11試合とターンオーバーの少ない堅実なプレーで貢献度が高くなっている。年末の京都ハンナリーズ戦は2試合連続で1ケタ得点に終わったが、滋賀戦で調子を上げるきっかけになるかもしれない。

青木 崇

青木 崇

NBA専門誌「HOOP」の編集者からフリーのバスケットボールライターとなる。NBAファイナル、NCAAファイナル4、世界選手権などビッグイベントの取材や執筆活動を行なっている。

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
バスケット ボールを応援しよう!

バスケット ボールの放送・配信ページへ