人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

バスケット ボール コラム 2019年1月4日

【2018-19 B.LEAGUE NOTEBOOK 12】筆者独断による今週のスターたち

B.LEAGUEコラム by 青木 崇
  • Line

★★:熊谷尚也(大阪エヴェッサ #27)

   大阪の3連勝に大きく貢献した。琉球ゴールデンキングス戦で19点、滋賀レイクスターズとの初戦で8本の3Pを含む26点を記録。滋賀との2戦目はシュートが入らず6点に終わったものの、しかし、1分7秒からビッグプレーを見せた。それは、インバウンドをする熊谷をまったく見ていなかったディフェンダーの背中にボールを当てた跳ね返りを手にし、同点に追いつくレイアップを決めたこと。終盤でも冷静に状況を判断し、逆転勝利を手にするきっかけになったのは明らか。熊谷のパフォーマンスは、大阪の勝敗を左右する要素と証明するような1週間だった。

★:上江田勇樹(新潟アルビレックスBB #22)

横浜ビー・コルセアーズと富山グラウジーズ相手の3試合でいずれも2ケタ得点をマークし、新潟が3連勝で2018年を終える一因となった。20本中13本成功と高確率でFGを決め、3Pも9本中5本成功と確率が50%超。ダバンテ・ガードナー、ラモント・ハミルトンの負荷を軽減するうえで、オープンのシュートを着実に決めてのステップアップは、新潟が今後も勝利を積み重ねていくためのカギになるだろう。今季、上江田が2ケタ得点をマークした試合で、新潟は5戦全勝という結果が出ていることでも証明されている。

青木 崇

青木 崇

NBA専門誌「HOOP」の編集者からフリーのバスケットボールライターとなる。NBAファイナル、NCAAファイナル4、世界選手権などビッグイベントの取材や執筆活動を行なっている。

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
バスケット ボールを応援しよう!

バスケット ボールの放送・配信ページへ