人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

バスケット ボール コラム 2018年12月27日

【ウインターカップ2018 コラム】東海大諏訪、キーマン封じが続かず8強敗退 来季巻き返しへ

バスケットボールレポート by 平野 貴也
  • Line

ほとんどボールを見ず、河村にフェイスガードを仕掛け続けた糸瀬公平(3年)も「彼(河村)がキーマンになると思っていた。前半は、彼の得点を10点以内に抑えようということで試合に入って、良い感じで展開できた(河村は、前半で5得点)。でも第3ピリオドで、情けないプレーになってしまった。彼は、めちゃくちゃ速い。まず、ボールを持たせないようにしようと思っていたけど、見失って速攻を何本も仕掛けられてしまった」と悔しさに肩を震わせた。

相手の攻撃を抑えた時間に、より強力な攻撃を仕掛けたかったが、簡単ではなかった。東海大諏訪の入野貴幸監督は「松崎選手のところをもっと攻めて、あのファウルを早くさせたかった」と話した。松崎は前半で2ファウルとなったが、3つ目は第3ピリオドの終盤だった。相手が乗り切れないうちにファウルトラブルに持ち込もうという策はあったが、攻撃力を削ぐだけに留まり、引き離された。試合時間の残り2分ほどで25点差をつけた福岡第一は、これまで同様に控え選手に総入れ替えしてゲームを終えた。3試合目もまた完勝だった。

一方、東海大諏訪は、敗れたものの、チーム戦術による対抗力と、下級生の能力の高さは示した。コントロール力の高い司令塔の黒川虎徹(2年)、身長186センチのオールラウンダー高原、インサイドで強靭なフィジカルを駆使する米山ジャバ偉生(2年)、シューターの渡辺大佑(2年)といった面々が、この日の完敗からどう成長するか。来季の巻き返しが楽しみだ。

平野貴也

平野 貴也

1979年生まれ。東京都出身。
スポーツ総合サイト「スポーツナビ」の編集・記者を経て、2009年に独立。サッカーをメーンに各競技を取材している。取材現場でよく雨が降ることは内緒。

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
バスケット ボールを応援しよう!

バスケット ボールの放送・配信ページへ