人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

バスケット ボール コラム 2018年12月27日

【ウインターカップ2018 コラム】昭和学院が「脇役」の活躍で女王・桜花学園を撃破

バスケットボールレポート by 平野 貴也
  • Line

シューティングガードの西江瑠加也ワリペ(3年)は、スティールを6つ決めた。相手がボールコントロールを失った場面や、相手の背後にいて気付かれていない隙を突ける場面で、次々にボールを奪取。「相手は、コートに立っている3年生が彼女だけ。最後の大会で一番強い気持ちを持っていると思った。攻撃で絶対に自由にボールを持たせないようにしようと思っていた」と話した通り、相手のキーマンである坂本雅(3年)のマークという役目もきっちりと果たした。

そして、第2ピリオドからは試合のペースを変える「シックスマン」の黒澤楓(3年)の活躍が目立った。「インターハイでは、シュートを20本以上打って、4本くらいしか入らなかったので、悔しい気持ちを持って練習をして、自信に変えて来た」という外角シュートで相手を強襲。ショットクロックのブザーが鳴る中で3ポイントを決めて勢いに乗ると、第3ピリオドにも2本、第4ピリオドでも1本と要所で3ポイントを沈めてチームにエネルギーを与えた。

夏のインターハイでは、桜花学園に1点差で敗退。鈴木親光監督は「今日は、みんなが強気で言ってくれた。黒澤も強気で打ってくれた。西江も夏は坂本選手にだいぶやられたけど、頑張ってくれた」とチームの力を出し切って雪辱を果たした選手を称えた。

女王を破り、頂点が見えて来た。星は「今までやってきたことをすべて発揮すれば、勝てる。また一戦一戦、戦いたい」と大きな山を越えた後の戦いを見据えた。翌27日の準決勝では、大阪薫英女学院(大阪)と対戦する。

平野貴也

平野 貴也

1979年生まれ。東京都出身。
スポーツ総合サイト「スポーツナビ」の編集・記者を経て、2009年に独立。サッカーをメーンに各競技を取材している。取材現場でよく雨が降ることは内緒。

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
バスケット ボールを応援しよう!

バスケット ボールの放送・配信ページへ