人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

バスケット ボール コラム 2018年12月25日

【2018-19 B.LEAGUE NOTEBOOK 11】筆者独断による今週のスターたち

B.LEAGUEコラム by 青木 崇
  • Line

★★:藤井祐眞(川崎ブレイブサンダース #0)

  辻直人が肩の脱臼で離脱後、8試合連続で2ケタ得点を継続中。先週末の名古屋ダイヤモンドドルフィンズ相手に1戦目で19点、2戦目で今季ベストとなる23点をマークした。特に2戦目は自身の得点だけでなく、ドライブからのアシストを量産して9本を記録。EFFが今季最高となる32という数字だった。ディフェンスに目を向ければ、重戦車のようにアタックしてくるマーキース・カミングスからチャージングを奪おうとしたシーンは、判定がブロッキングになったといえ、身体を張って止めるという強い意志の表れであり、ファンを熱くさせていたのも評価したい。

★:金丸晃輔(シーホース三河 #14)

チームは新潟アルビレックスBB相手に1勝1敗だったが、1戦目で27点、2戦目は今季最多となる34点を奪った。2試合で得意の3Pシュートを15本中8本という高確率で決めていただけでなく、フリースローは17本すべて成功の100%。特に2戦目は5点差を追って迎えた3Qに4Pプレーとなる3Pを決めるなど、三河が奪った25点中17点を稼いで逆転への布石を作り、4Qになってもドライブや3Pシュートで12点を奪う。2分19秒に新潟の速攻を防ぐスティール後に決めた3Pは、勝利に大きく前進する意味でもビッグショットだった。

青木 崇

青木 崇

NBA専門誌「HOOP」の編集者からフリーのバスケットボールライターとなる。NBAファイナル、NCAAファイナル4、世界選手権などビッグイベントの取材や執筆活動を行なっている。

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
バスケット ボールを応援しよう!

バスケット ボールの放送・配信ページへ