人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

バスケット ボール コラム 2018年12月19日

【ウインターカップ2018 プレビューコラム / 安城学園】日本一を目指すチームにとって大きな支えとなっているスカウティング担当の控え選手たち

バスケットボールレポート by 青木 崇
  • Line
練習後に映像で徹底的に分析を行う

練習後に映像で徹底的に分析を行う

ウインターカップ予選の決勝が行われている時、プレーしている選手たちが相手のナンバープレーをベンチに伝達。その直後に“このプレーだよ”とベンチから教えることができたことは、控え選手たちがスカウティングの仕事をやってきてよかったと思える瞬間だった。

「スカウティングの子たちはスカウティングの子たちで一つになり、メンバーもメンバーで一つにまとまって、その2つが一緒になったことで、一つのベースを作ることができました」と野口が語れば、那須キャプテンも、「ウインターカップに向けてたくさん、細かく準備してくれているので、5人がコートの中で安城学園のバスケットを表現して恩返ししたい」と意気込みを口にする。

昨年最後の最後で競り負けて逃した日本一を目指し、安城学園は部員たちの一体感が着実に上昇中。スカウティング担当の控え選手による徹底した分析を生かしたゲームプランを金子コーチが構築し、出場する選手によってしっかり遂行できれば、悲願のウインターカップ制覇も決して夢物語ではない。

青木 崇

青木 崇

NBA専門誌「HOOP」の編集者からフリーのバスケットボールライターとなる。NBAファイナル、NCAAファイナル4、世界選手権などビッグイベントの取材や執筆活動を行なっている。

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
バスケット ボールを応援しよう!

バスケット ボールの放送・配信ページへ