人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

バスケット ボール コラム 2018年12月19日

【ウインターカップ2018 プレビューコラム / 安城学園】日本一を目指すチームにとって大きな支えとなっているスカウティング担当の控え選手たち

バスケットボールレポート by 青木 崇
  • Line

そんな指揮官がすごく頼りにしているのは、スカウティングを担当する控え選手たち。同じ愛知県内に桜花学園がいるなど、強豪の多い東海地区で戦って結果を出すには、自分たちだけでなく相手チームの分析もしっかりやることで、チームに貢献したいという気持を持って取り組んでいる。各種大会で試合を撮影する役割も担う控え選手たちについて、金子コーチは次のように話す。

「データ社会で必要と言えば必要なので、毎年スタメンクラスでないとそういう仕事をやらせている。下級生も入るんだけど、かなり大きいですよね。相手のことを調べる、軸足とか得意なプレーとかフォーメーションとかね。点数にすれば10~20点になりますよね」

ウインターカップに向けて、スカウティングを担当しているのは、平得みなみ、柴田彩香、下地杏実、渡邊楓花、金子碧葉、大山まなみの3年生6人。ライバル校が出場している大会となれば、彼女たちは顧問の先生が運転する車にとって会場に駆けつけての撮影も行う。そういった映像を何度もチェックすることで、彼女たちは相手のプレーを図にしたダイアグラムも書けるようにもなっていく。正にコーチの卵と言っていいくらいに…。

「各チームの特徴とか、メンバーの子たちがコートに立った時、ナンバープレーでもこれが来たと思ってもらえるように細かくやります。相手チーム一人一人の特徴を調べ、“ドライブはこっちが多いとか”最後の最後まで分析し、全員が共通理解できるように伝えることを心がけています。日本一になれたら言うことないです」と語る柴田を筆頭に、彼女たちはスカウティングの仕事に誇りを感じている。

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
バスケット ボールを応援しよう!

バスケット ボールの放送・配信ページへ