人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

バスケット ボール コラム 2018年12月18日

【ウインターカップ2018 プレビューコラム / 聖和学園】ミニバス時代からお互いを知るトリオを軸に打倒岐阜女からの日本一を目指す

バスケットボールレポート by 青木 崇
  • Line
小野コーチの指示に聞き入る部員たち

小野コーチの指示に聞き入る部員たち

今野は相手のレベルが高くなればなるほど、素晴らしい才能を発揮するタイプ。その状況に突入すると、「目つきが変わる」と小野裕コーチは話す。しかし、「自分だけではちょっと…」と語るように、今野は闘争心が駆り立てられるまで時間がかかってしまうタイプ。そんなエースのサポートするのが、ミニバスのころからお互いを知るインサイドの得点源である田中歌穂とキャプテンの合澤唯だ。

「サク(今野の愛称)にはガツガツ言ったほうがいいかもしれない」と田中が語るように、今野に火がつけば高校生ではまず止められない。しかし、大黒柱としての自覚という部分では物足りなさもある。11月下旬に大学生と練習試合をした際、小野コーチが円陣で「もっと声を出してテンションを上げよう! 時間がないからしっかりやろう!」と厳しい声を出したのは、チーム全体よりも今野に対するメッセージという意味合いが強かった。

11月18日の抽選で、聖和学園は2勝すれば岐阜女と対戦するという組み合わせになった。ベスト16の壁を突破するには、3度目の正直で岐阜女を倒さなければならない。進路が決まってウインターカップに集中できる環境が整った今野は、「負けたくない。自分がやらなければ」という気持が日に日に高まっている。肝心なところで存在感を発揮することが期待されるといえ、合澤と田中のサポートは、聖和学園が岐阜女の壁を突き破るうえで欠かせない。もし、今野のクリエイトから桜庭珠菜の3Pシュートというホットラインが機能すれば、強豪撃破のチャンスは巡ってくる。

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
バスケット ボールを応援しよう!

バスケット ボールの放送・配信ページへ