人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

バスケット ボール コラム 2018年12月17日

【2018-19 B.LEAGUE NOTEBOOK 10】ミニインタビュー:鈴木達也(三遠ネオフェニックス #15)

B.LEAGUEコラム by 青木 崇
  • Line

Q コーチはピック&ロールのディフェンスがダメだったと話していました。プレーしていてどうでしたか? 「特にベンドラメ(礼生)選手のところが多かったので、僕よりもマッチアップしていた選手がいたと思うんですけど、ピック&ロールのディフェンスはボールマンとビッグマンのコミュニケーションが大事なので、そういったところの理解をもっと深めていかないと、これからまた同じことが起きてしまう。ピック&ロールのディフェンスは早急に改善しなければと思っています」

Q 水曜日に試合がないことからも、この1週間の練習は重要ですね? 「大事になると思いますし、以前にもピック&ロールのディフェンスをしっかりやっていこうと言っているのですが、なかなか練習でやってもうまくいかないというのが実際に起きてしまっている。そこを徹底できるようにこれからも練習と試合を重ねていって、チーム全体でステップアップしていく必要があると思います」

Q オフェンスをクリエイトする立場として、現状をどのように捉えていますか? 「現時点でウィル(マクドナルド)とチル(チルドレス)でやらなければいけない状況ですけど、まだチームが今まで4番(パワーフォワード)5番(センター)の外国籍選手でやっていたのとまったく違う状況になるので、5番と3番(スモールフォワード)という形でチルが頑張って4番をやってくれるときもありますけど、まったくチームが変わる。本当に早急にチームとしていい方向に向き変えればいいと思いますけど、なかなかバスケットボールってそんなすぐに変わるものじゃない。ラインナップが変わったので、それに順応していく必要があると思います」

Q 一つでも勝てると、チームの雰囲気が大きく変わりそうですね? 「その通りだと思います。うまく行っているところもあるので、そこは悲観的にならず、いいところを伸ばしてダメなところをすぐにでも改善したい。それだけですね。1回気持よく勝って、簡単ではないですけど、何かをきっかけにして浮上していきたいです」

青木 崇

青木 崇

NBA専門誌「HOOP」の編集者からフリーのバスケットボールライターとなる。NBAファイナル、NCAAファイナル4、世界選手権などビッグイベントの取材や執筆活動を行なっている。

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
バスケット ボールを応援しよう!

バスケット ボールの放送・配信ページへ