人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

バスケット ボール コラム 2018年11月15日

【Bリーグ 2018-19第10節 北海道 vs 川崎プレビュー】#18鎌田の存在感により多彩な選手構成が可能となった川崎。北海道はインサイドの攻防で我慢が必要。

B.LEAGUEコラム by 片岡秀一
  • Line

そんな北海道にとって、今節の川崎ブレイブサンダースとの対戦は試金石の1つ。年に1度、帯広市での開催でもあるだけに勝利を届けたい。本稿では、北海道にとって注意すべき項目を3つ挙げ、本カードを分析したい。

1つは、川崎#18鎌田裕也の台頭。外国籍選手が同時にコートに出場できるルールが変わった今季序盤こそ出場時間を減らすも、強靭なフィジカルコンタクトでインサイドを守り、Pick&Rollでの献身的な働きでチームの潤滑油として活躍。鎌田が外国籍選手にもマッチアップ出来る計算が立ったことで、#31シェーン・エドワーズのアウトサイド起用など幅広い戦術を可能にした事は大きい。とはいえ、#11桜井良太、#23野口大介、#17川邉亮平ら、頼れるフォワード陣は北海道のストロングポイントでもあるだけに、マッチアップに注目をしたい。

2つめは、国内屈指の点取り屋である川崎#14辻直人へのディフェンスだ。前節、A東京戦の初戦ではeFG%という指標で70%を記録。改めて、その存在感を印象付けた。第2戦、徹底マークで辻を封じるも、第3ピリオドでこの試合初の3Pを沈めた瞬間にルカHCがタイムアウトを請求するほど。その時点で2桁リードを保っていたA東京だが、「乗せてはいけない」選手として辻を警戒している様にも見て取れた。#1関野剛平らのディフェンスが鍵を握る。

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
バスケット ボールを応援しよう!

バスケット ボールの放送・配信ページへ