人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

バスケット ボール コラム 2018年10月29日

【2018-19 B.LEAGUE NOTEBOOK 4】ミニインタビュー:橋本竜馬(琉球ゴールデンキングス #1)

B.LEAGUEコラム by 青木 崇
  • Line

Q 佐々コーチはディフェンスがまだまだで、オフェンスの調子がいいので勝っているというのを気にしていました。コート上でプレーしている選手としてはどんな印象を持っていますか? 「アジャストの部分と自分たちの根本、“キングスはこうやっていく”というところのバランスですね。先ほども言いましたけど。相手に対してキングスとやったらこれだけ食いつかれるといったイメージを毎試合持たすことが、非常に重要だと思っていて、自分たちが目指しているものというのは60試合が終わった時に西地区で1位、もしくは全体で1位を狙いたいと思う。その中でチャンピオンシップ優勝というのがあるので、佐々さんが求めているところと自分たちが求めているところのすり合わせをしっかりしていきながら、毎回毎回ステップアップしていくことがすごく大事だなと思っています。今日の試合で失点が48というのはいいと言えばいいんでしょうけど、まだまだ詰めていかなければならないことがあるし、次の試合では違うスカウティングでやることが出てくるわけなので、そういったことを徹底できる力を60試合でつけていきたいなと思っています」

Q この後、川崎ブレイブサンダース、アルバルク東京、千葉ジェッツとタフな相手との試合が続きますが、長いシーズンのプロセスということでは、いいテストになるのでは? 「本当にそう思います。自分たちの力がどのくらいの位置にあるのかということと、チャレンジャーとして戦うところと難しい試合になると思いますが、それをどう乗り切るかはチームとしてすごく重要なので、できるだけ勝ちにこだわり、勝者のメンタリティをこの期間につけたいと思っています」

Q チームのカラーがはっきり出るかもしれませんね? 「本当にそう思います。ここでバラつくいうではなく、一つの塊として向かっていけるキングスにしたいなと思っています」

青木 崇

青木 崇

NBA専門誌「HOOP」の編集者からフリーのバスケットボールライターとなる。NBAファイナル、NCAAファイナル4、世界選手権などビッグイベントの取材や執筆活動を行なっている。

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
バスケット ボールを応援しよう!

バスケット ボールの放送・配信ページへ