人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

バスケット ボール コラム 2018年10月15日

【2018-19 B.LEAGUE NOTEBOOK 2】筆者独断による今週のスターたち

B.LEAGUEコラム by 青木 崇
  • Line

★★:ダバンテ・ガードナー(新潟アルビレックスBB #54)

秋田ノーザンハピネッツ戦でスコアラーの本領を発揮し、1戦目29点、2戦目で33点をマーク。特に2戦目は15本中11本のFG成功、フリースローも11本決めるなど、アグレッシブかつ効率よく得点を奪っていたことに加え、7アシストとチームメイトを生かすプレーも数多く見せて、新潟の連勝に大きく貢献した。成功率20%と3Pシュートに当たりが出ていないといえ、どこからでも点が取れるスキルを持ち、秋田との2連戦で25本という数字が示すように、フリースローで得点を稼げるのはガードナー最大の強み。チームをチャンピオシップ進出に導けば、MVPの有力候補に名乗りを上げてもおかしくない。

★:合田怜(大阪エヴェッサ #20)

エクゼビア・ギブソンの欠場もあり、大阪エヴェッサはライジングゼファーフクオカとの2連戦で他の選手によるステップアップが必要だった。そんな存在となったのが、センターのパプ月瑠と控えガードの合田。パプ月瑠は1戦目で17点、11リバウンド、2戦目も18点、6リバウンドと、ギブソンの穴を埋めただけでなく、昨季在籍した古巣相手に存在感を示した。合田は17分38秒プレーした1戦目で7点、3アシストをマークすると、翌日は出場時間が33秒少ないながらも3Pシュート5本と大当たりの17点。大阪の連勝は、この2人の頑張りによるところが大きかった。

青木 崇

青木 崇

NBA専門誌「HOOP」の編集者からフリーのバスケットボールライターとなる。NBAファイナル、NCAAファイナル4、世界選手権などビッグイベントの取材や執筆活動を行なっている。

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
バスケット ボールを応援しよう!

バスケット ボールの放送・配信ページへ