人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

バスケット ボール コラム 2018年5月28日

【2017-18 B.LEAGUE NOTEBOOK 31】筆者独断による今週のスターたち

B.LEAGUEコラム by 青木 崇
  • Line

★★:田中大貴(アルバルク東京 #24)

10本中6本のFGを成功させての15点、5アシストという数字からも、 ゲームのコントロールということでは、非常にいい仕事をしていた。ピック&ロールの起点となり、5アシストという数字以上に得点機会をクリエイトしていた。アキ・チェンバースを1Qでファウルトラブルに陥れ、サイズと身体能力の高さを生かし、石井講佑にオープンでシュートを打つ機会を与えなかったディフェンスも称賛に値する。数字だけを見るとファイナルMVP選出に疑問符をつけたくなるかもしれないが、攻防両面でオールラウンドなプレーを見せたことはまちがいなかった。

★:馬場雄大(アルバルク東京 #6)

3Qでダンクを試みた際にファウルがコールされず、テクニカルファウルを取られたのは、B1ファイナルにかける思いの強さを示すもの。その後はより冷静になり、14点中10点を4Qで稼ぐという活躍につながった。特に4Q開始早々の3Pシュートは、千葉がこれから追撃しようという気持を打ち砕いた点で、大きな意味があった。石井講佑と小野龍猛というまったくタイプの違う選手とのマッチアップになったが、スカウティング映像からしっかり傾向を学び、3スティールという数字以上にいいディフェンスをしていたのも見逃せない。

青木 崇

青木 崇

NBA専門誌「HOOP」の編集者からフリーのバスケットボールライターとなる。NBAファイナル、NCAAファイナル4、世界選手権などビッグイベントの取材や執筆活動を行なっている。

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
バスケット ボールを応援しよう!

バスケット ボールの放送・配信ページへ