人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

バスケット ボール コラム 2018年5月14日

【2017-18 B.LEAGUE NOTEBOOK 29】昨年の苦い経験とホームコート・アドバンテージを生かして栃木に雪辱した三河

B.LEAGUEコラム by 青木 崇
  • Line

昨年のセミファイナル第3戦、三河は残り30秒で2点をリードしながら、クロックマネージメントを誤ったことが原因のミスによって、栃木に逆転負けを喫していた。その時に一番悔しい思いをし、「常にちらついていましたし、本当に成長した姿をファンの皆さんに見せたかった」と語る比江島慎は、自分のシュートで試合を決めることしか頭にない。と同時に、「僕らのホームコートでやれたのが一番大きかったかな」と振り返ったように、ホームのウィングアリーナ刈谷での試合ということもあって、冷静に状況を把握していたことも昨年と違っていた。

比江島 慎

冷静さを失わなかったという点では、鈴木コーチも同じ。ピック&ロールで攻めると比江島がボールを手離すことを回避させるため、アイソレーションの1対1の指示を出していた。1対1からの得点力はアジアでも屈指の比江島は、時計をじっくり使った後の残り11.9秒、ドライブに行くと見せかけてのジャンプシュートを見事に成功。その直後、右手人差し指を天に向けたのは、4月に亡くなった母に向けたジェスチャーであり、母の日を意識したからこその行動だった。

昨季味わった苦い経験は、比江島の強い気持ちと最後まで冷静さを失うことなく戦えることができたホームコート・アドバンテージによって払拭。B1制覇という大きな目標達成に向けて、三河は一歩前進した。

青木 崇

青木 崇

NBA専門誌「HOOP」の編集者からフリーのバスケットボールライターとなる。NBAファイナル、NCAAファイナル4、世界選手権などビッグイベントの取材や執筆活動を行なっている。

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
バスケット ボールを応援しよう!

バスケット ボールの放送・配信ページへ