人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

バスケット ボール コラム 2018年5月7日

【2017-18 B.LEAGUE NOTEBOOK 28】筆者独断による今週のスターたち

B.LEAGUEコラム by 青木 崇
  • Line

★★:高橋耕陽(滋賀レイクスターズ #24)

2連勝しないとB1残留を決定できない状況の中で、1戦目は4Qの7分23秒間でFG5本すべて成功させての10点をマークしただけでなく、9リバウンドを奪って逆転勝利に貢献した。2戦目は最大で18点リードしながら70対71と逆転されたが、スティールを決めた後の2分5秒に再逆転となるジャンプシュートを成功。FGこそ8本中3本成功と確率はいまひとつも、負ければB1残留プレーオフというプレッシャーのかかるゲームの中で、リードを奪い返すビッグショットを決めたのは称賛に値する。また、2点リードの残り12秒で奪ったリバウンドは、勝利を決定づけるものだった。

★:竹内譲次(アルバルク東京 #15)

2日の栃木ブレックス戦で16点、9リバウンド、週末の京都ハンナリーズ戦では初戦で10点、5リバウンド、2戦目も13点、6リバウンドと堅実なプレーを見せて勝利に貢献した。今季の特徴としては、3Pシュートを積極的に打って決めていたこと。京都との初戦は4本打って1本も決められなかったが、2戦目で4本中3本、栃木戦も5本中2本成功。今季のトータル47本は、JBL日立時代の08-09シーズンに作った46本の自己最多を更新するもの。成功率39.2%もキャリアベストの数字だった。ここ10試合で9度2ケタ得点と、堅実なプレーでチームに貢献しているのは評価に値する。

青木 崇

青木 崇

NBA専門誌「HOOP」の編集者からフリーのバスケットボールライターとなる。NBAファイナル、NCAAファイナル4、世界選手権などビッグイベントの取材や執筆活動を行なっている。

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
バスケット ボールを応援しよう!

バスケット ボールの放送・配信ページへ