人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

バスケット ボール コラム 2018年5月1日

【Bリーグ 2017-18第31節 琉球 vs 大阪プレビュー】昨季最終節で命運が分かれた因縁の対戦カード

B.LEAGUEコラム by 片岡秀一
  • Line

今シーズン、両チームの置かれている状況は異なるものの、大阪エヴェッサは、近い将来にB.LAGUEの頂上を目指している強い意思を感じさせるチームの1つ。残留プレーオフ回避の為の1戦という以上に、クラブのプライドや誇りを賭けた戦いにでもなるのではないか。

前節、殊勲の#8ギブソンは、ゴール下で脅威を発揮するタイプ。前節でも、24点10リバウンド、32点11リバウンドの活躍でチームの勝利を導いた。

反面、決してアウトサイドのディフェンスが得意ではない為、攻防を巡るカギの一つはそこ。琉球の#12ハッサン・マーティンは、外角シュートこそ得意ではないが、鋭く力強いドライブとファーストブレイクでの走力が武器。

#30ヒルトン・アームストロングは、献身的なスクリーンで味方のシュートを演出する仕事人。#14岸本、#24田代、#51古川孝敏のシュートチャンスを作り出す働きをし、大阪にとっては手を焼くコンビプレー。#1今野翔太、#17木下博之、#20合田怜、#14橋本拓哉の守備がゲームに与える影響は大きい。

また、オンザコートワンの時間帯で#33アイラ・ブラウンとマッチアップをするのは、移籍加入の#27熊谷尚也や、#15根来新之助となるか。特に、跳躍力とシュート力に長けた#27熊谷は、日本代表での活躍も期待される逸材。決意と覚悟を胸に、優勝チームである栃木ブレックスからの移籍を決断をしたはず。昨季に比べて、大幅に増えたプレータイムの中、集大成ともいえる終盤戦でのパフォーマンスに期待したい。

Bリーグ 2017-18 放送予定

☐ 第31節
5月2日 (水) 午後8:00 生中継
琉球ゴールデンキングス vs. 大阪エヴェッサ

31節以降の放送予定

お申込みはこちらから

代替画像

片岡秀一

埼玉県草加市出身。1982年生まれ。 ゴールドスタンダード・ラボの編集員としてクリニックレポート、記事の企画・編集や、クリニックなどの企画運営をし、EURO Basketball Academy運営も務める。一般社団法人 Next Big Pivot アソシエイトとして、バスケを通して世界を知る!シリーズ 第1回セルビア共和国編では、コーディネーターとして企画運営に携わりモデレーターも務めた。

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
バスケット ボールを応援しよう!

バスケット ボールの放送・配信ページへ