人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

バスケット ボール コラム 2018年5月1日

【2017-18 B.LEAGUE NOTEBOOK 27】筆者独断による今週のスターたち

B.LEAGUEコラム by 青木 崇
  • Line

★★:宇都直輝(富山グラウジーズ #11)

B1最高成績を残すシーホース三河戦、富山グランジーズは1戦目を土壇場での逆転負け、2戦目を土壇場での逆転勝利という結果となった。残留プレーオフ回避を目指すチームの中で、宇都は足の故障を抱えながらもハードにプレーし続けた。1戦目が22点、9アシスト、2戦目は残り37秒に逆転となるシュートを決めるなど30点、14アシストは大きくステップアップ。アグレッシブにプレーする故に多くなりがちのターンオーバーも、この2試合はいずれも2本ずつと少なかったことは、富山が三河相手にすばらしい戦いをできた要因と言っていいだろう。

★:レオ・ライオンズ(千葉ジェッツ #8)

レバンガ北海道との2連戦では、1戦目が16点、2戦目が18点をマーク。この2試合におけるFGは、23本中14本成功させての60.9%という高確率という点も評価できる。ライオンズがベンチから出てきて得点を稼ぐことになれば、千葉のオフェンスは破壊力をさらに増すことを改めて示したことは、この2試合の得点数が89、97という数字からも明らか。今季ライオンズがFG成功率50%以上で2ケタ得点を記録した場合、千葉はここまで14戦全勝。北海道との2戦目では5アシストをマークし、チャンスメーカーとしてもいい仕事をしていた。

青木 崇

青木 崇

NBA専門誌「HOOP」の編集者からフリーのバスケットボールライターとなる。NBAファイナル、NCAAファイナル4、世界選手権などビッグイベントの取材や執筆活動を行なっている。

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
バスケット ボールを応援しよう!

バスケット ボールの放送・配信ページへ