人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

バスケット ボール コラム 2018年4月2日

【2017-18 B.LEAGUE NOTEBOOK 23】筆者独断による今週のスターたち

B.LEAGUEコラム by 青木 崇
  • Line

★★:ディオール・フィッシャー(滋賀レイクスターズ #40)

残留プレイオフ争い回避を目指す滋賀にとって、名古屋ダイヤモンドドルフィンズ相手にアウェイで連勝したのは大きな意味があった。フィッシャーは1戦目の22点中7点を4Qで奪っただけでなく、3本のFGと1本のフリースローをすべて成功。36歳という大ベテランだが、2戦目も35分7秒間タフに戦い抜き、15点、13リバウンドのダブルダブルで勝利に大きく貢献した。3月28日の島根戦でも17点、15リバウンドをマークしており、滋賀の3連勝はフィッシャーの奮闘抜きにありえなかった。

★:岸本隆一(琉球ゴールデンキングス #14)

週末は西地区のライバルである京都ハンナリーズに連勝した琉球の中で、岸本は1戦目で13点、2戦目で18点、8アシストをマーク。19点差で快勝した大阪エヴェッサ戦も13点と、スコアリングガードとしての持ち味は十分に果たした。それは、この3試合の3Pシュート成功率が45.5%(10/22)という数字からも明らか。岸本が3Pシュートを3本以上決めた試合で、今季の琉球は13戦全勝。先週は3試合とも3本以上決めて勝利に貢献していることは、チャンピオンシップに向けてのプラス材料と言っていいだろう。

青木 崇

青木 崇

NBA専門誌「HOOP」の編集者からフリーのバスケットボールライターとなる。NBAファイナル、NCAAファイナル4、世界選手権などビッグイベントの取材や執筆活動を行なっている。

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
バスケット ボールを応援しよう!

バスケット ボールの放送・配信ページへ