人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

バスケット ボール コラム 2018年3月30日

【Bリーグ 2017-18第26節 京都 vs 琉球プレビュー】京都を率いて7シーズン目の浜口HC、琉球の佐々HC 両コーチ同士の駆け引きや判断に注目したい

B.LEAGUEコラム by 片岡秀一
  • Line

京都対琉球との対戦で鍵を握るのは、インサイドで存在感を放つ#34スミスを巡る攻防だ。琉球が得意とするピック&ロールの攻防では、その巨漢ゆえ、やや引き気味にマークせざるを得ない。琉球の攻撃のタクトを握る#14岸本隆一、#8二ノ宮康平らへの対応が後手に回れば、#24田代直希、#51古川孝敏、#11須田侑太郎ら、アウトサイド陣に供給するシュートチャンスの質も高まるだろう。

ナショナルチームでの活動など、国際経験も豊富な琉球の佐々HC、#34スミスをアウトサイドに引きずり出す戦術で、ウィークポイントを最大化し、優位性を保つべく準備をする事は想像に難くない。その為、重要なのはドリブラーに対するディフェンスで、いかに自由を奪えるかどうかが鍵。

京都は、ディフェンス力に定評のある#3伊藤、#12岡田、常にエネルギー溢れるプレーで戦う姿勢を見せる#91片岡大晴と役者は揃っているだけに、試合の序盤から激しい攻防が予想される。

もう一つは、#33アイラ・ブラウンの存在だ。マッチアップが予想されるのは、#43永吉、#7晴山ら。いずれも、成長の機会を求め、慣れ親しんだチームを離れて、覚悟を持って2年目のB.LEAGUEに挑んでいる姿勢を感じる選手。ゲームの主導権を左右する各領域に対し、京都を率いて7シーズン目の浜口HC、琉球の佐々HCとの、両コーチ同士の駆け引きや判断にも注目したい。

Bリーグ 2017-18 放送予定

☐ 第26節
3月30日 (金) 午後7:00 生中継
サンロッカーズ渋谷 vs. 栃木ブレックス
3月31日 (土) 午後6:00 生中継
京都ハンナリーズ vs. 琉球ゴールデンキングス
4月1日 (日) 午後2:00 生中継
レバンガ北海道 vs. 千葉ジェッツ

26節以降の放送予定

お申込みはこちらから

代替画像

片岡秀一

埼玉県草加市出身。1982年生まれ。 ゴールドスタンダード・ラボの編集員としてクリニックレポート、記事の企画・編集や、クリニックなどの企画運営をし、EURO Basketball Academy運営も務める。一般社団法人 Next Big Pivot アソシエイトとして、バスケを通して世界を知る!シリーズ 第1回セルビア共和国編では、コーディネーターとして企画運営に携わりモデレーターも務めた。

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
バスケット ボールを応援しよう!

バスケット ボールの放送・配信ページへ