人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

バスケット ボール コラム 2018年3月26日

【2017-18 B.LEAGUE NOTEBOOK 22】外国籍選手の多くが気にするマーチマッドネス。三河の新戦力は母校がファイナルフォー進出で大喜び

B.LEAGUEコラム by 青木 崇
  • Line

3月24日の横浜ビー・コルセアーズ戦後、ミシガン大の快進撃について聞かれると、シムズはすぐに笑顔を見せて話を弾ませ、さらに「実は妻がミシガン州大出身なんだ」という話もしてくれた。ミシガン州大はオハイオ州大とともにミシガン大にとって永遠のライバル校であり、直接対決になると夫婦間でトラッシュトークが展開されるそうだ。

マーチマッドネスの醍醐味である波乱の演出ということでは、栃木ブレックスのライアン・ロシターが経験者としてあげられる。2008年に第13シードだったシエナ大が、1回戦で第4シードのバンダービルト大を撃破した試合で、1年生だったロシターは14分間で2点、4リバウンド。翌年には第8シード対第9シードの対戦だったといえ、シエナ大が名門オハイオ州大を2OTの激戦の末に撃破。ロシターは47分間のプレーで16点、15リバウンドという大活躍で勝利に貢献している。

マーチマッドネスがいい思い出ばかりとも限らない。オフレコで聞いた話しなので名前を伏せておくが、NCAAトーナメントで負けた相手とビッグショットを決めた選手の名前を禁句にしている選手もいるそうだ。

八村塁がゴンザガ大の一員として活躍したこともあり、日本におけるNCAAの注目度は上昇中。現在Bリーグに在籍している外国籍選手の大学時代をチェックしてみると、選手間のいろいろなつながりもわかり、Bリーグをより幅広く楽しむ一環にもなりうるのでお勧め。なお、NCAAディビジョン1でプレーした経歴のある選手であれば、大学時代のスタッツを以下のサイトで名前を入力して検索すれば、知ることができる。興味のある方はぜひチェックしてみては…。

青木 崇

青木 崇

NBA専門誌「HOOP」の編集者からフリーのバスケットボールライターとなる。NBAファイナル、NCAAファイナル4、世界選手権などビッグイベントの取材や執筆活動を行なっている。

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
バスケット ボールを応援しよう!

バスケット ボールの放送・配信ページへ