人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

野球 コラム 2022年4月12日

【広島好き】巨人、阪神との6連戦を4勝1敗1分で単独首位に浮上。「週刊カープいいとこどり」4月5~10日号

野球好きコラム by 大久保泰伸
  • Line

投手陣では九里が7回1失点、床田が7回無失点、玉村が7回2失点、大瀬良が6回3失点、森下が9回1失点、遠藤が7回2/3を無失点と、前述の通り先発投手がこぞって好投しました。特に今季初完投勝利をマークした森下は、打撃でもプロ初の三塁打など4打点とMVP級の活躍をしましたが、今回は敢えてリリーフ投手から週間MVPを選出したいと思います。

リリーフ陣の活躍が光ったのは、勝ちゲームよりもむしろ延長12回引き分けとなった8日の阪神戦でした。先発の大瀬良が6回で降板した後、塹江敦也中崎翔太島内颯太郎が無失点で延長戦に持ち込みました。

そして、10回にはドラ1ルーキーの黒原拓未が、大学時代の対戦では本塁打を打たれた佐藤輝明を三振に打ち取るなど、2奪三振で三者凡退と快刀乱麻の投球を見せました。11回は菊池保則、12回は栗林良吏が、サヨナラ勝ちを期待する甲子園の独特な雰囲気をものともせず、無失点で引き分けに持ち込みました。

先週の6試合中、3試合に登板した中崎は、6日の試合で手痛い逆転弾を浴びましたが、その他の2試合は無失点。塹江、島内、菊池保、黒原も、いずれも2試合を投げて失点0を記録しています。そして守護神の栗林は、3試合に登板して2セーブをマークしました。

2日の中日戦でプロ入り以来、初めてセーブシチュエーションでの救援失敗となり、2年目のジンクスも心配されましたが、見事に立ち直ったその姿を評価して、投手の週間MVPに選出したいと思います。

文:大久保泰伸

広島東洋カープ×J SPORTS 球団公認コミュニティサイト「カープ“愛”倶楽部」

  • 会員募集中!

    「選手インタビュー」「二軍情報」「カープ愛あふれる写真募集のコーナー」「マツダ スタジアム観戦チケットプレゼント」「選手直筆サイン入りプレゼント」「選手への質問コーナー」などファン必見の特別コンテンツや特典をお届けします。

大久保泰伸

フリーライター、編集者。1969年広島市生まれ、現在は神奈川県在住。出版社勤務を経て、20世紀の終わり頃に独立。別冊宝島野球シリーズの執筆、編集や広島などのOBの著書の編集協力などを行い、同社のプロ野球選手名鑑は創刊時から現在まで関わる。記者活動は2009年にベースボール・タイムズ紙の広島担当でスタートし、15年から野球専門サイトのフルカウントで広島、18年からはDeNA担当も兼務した。

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
野球を応援しよう!

野球の放送・配信ページへ