人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

野球 コラム 2021年11月24日

強力打線の東京ガス、前回準優勝のNTT東日本、プロ野球OBが監督のセガサミー、巨人2位指名がエースのJR東日本、再編で陣容の厚い三菱重工East、優勝11回の名門・ENEOS。都市対抗野球大会チーム紹介(東京・西関東代表)

野球好きコラム by 大島 和人
  • Line

第1代表決定戦で完投勝利を挙げるなど、2次予選で好投を見せたのが広島から加わった左腕・本間大暉。社会人入り後に大きく伸びた27歳で140キロ台の速球、変化球とも質が高い。

長らく横浜のエース格としてマウンドを任されてきた技巧派右腕・大野亨輔も健在。加えて補強選手として東芝の本格派右腕・善武士、侍ジャパン大学代表を経験している左腕・藤村哲之も加わった。

中山遥斗は國學院大學から加わった新人で、2次予選は3番・セカンドで起用された。打率.313を記録し、本塁打も放つなど、中軸の役割を果たしている。

実力者が先発から外れる勿体なさはあるが、2次予選ではキャプテンの江越海地、平野智基といった昨季までの主力は代打起用の一振りで結果を出した。

◆ENEOS(横浜市/2年連続51回目)西関東第2代表

社会人球界の超名門だが、西関東は激戦区。第87回大会(2016年)から4大会連続で本戦出場を逃した。しかし、2019年末にOBの大久保秀昭氏が慶應義塾大学から復帰。そこから2大会連続の出場を果たしている。

西関東2次予選は代表決定リーグ戦が三つ巴となり、トーナメントにもつれ込み、ENEOSは第2代表決定戦で東芝を下して出場を決めた。

予選突破に大きく貢献したのが関根智輝、加藤三範の新人投手。関根は慶應義塾大学から入社した183センチの大型右腕で、150キロ超の速球を持つ本格派だ。加藤は筑波大学出身で、制球力とスライダーのキレで勝負する技巧派左腕。

加えて補強で東芝の本格派右腕・吉村貢司郎が加わった。吉村は150キロ前後の球速で押せる超本格派。先発だけでなくリリーフでも活きそうなタイプだ。

野手陣も若手が台頭している。度会隆輝は横浜高校から加入した高卒新人で、182センチ・83キロの左打者。ヤクルトで活躍した度会博文さんを父に持つ二世選手でもある。2次予選では指名打者ながら中軸で起用され、打率.278、2打点を記録している。

瀧澤虎太朗も早稲田大学出身の新人外野手で、2次予選は打率4割を記録した。柏木秀文、山崎錬、岡部通織といったベテランも健在で、さらに強力な補強選手もいる。2013年以来の都市対抗制覇が視野に入るチームだ。

文:大島和人

大島 和人

大島 和人

1976年神奈川県で出生。育ちは埼玉で現在は東京都町田市に居住。早稲田大学在学中にテレビ局のリサーチャーとしてスポーツ報道の現場に足を踏み入れた。卒業後は損害保険会社などの勤務を経て、2010年からライター活動を開始。現在はサッカーやバスケ、アマチュア野球など多彩なボールゲームの現場に足を運んでいる。Twitter(@augustoparty

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
野球を応援しよう!

野球の放送・配信ページへ