人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

野球 コラム 2021年10月19日

【横浜好き】残り6試合で5位と2ゲーム差「週刊ベイスターズいいとこどり」10月12日~17日号

野球好きコラム by 大久保泰伸
  • Line

投手陣は先発したロメロが6回途中5失点で降板も、守備の乱れがあり自責点は2。その後は田中健二朗、平田慎吾、三上朋也、砂田毅樹が、小刻みな継投で無失点に抑えたが、打線にあと1本が出なかった。

2日間のお休みの後、日曜日のデーゲームとなったヤクルトとの一戦は、マジック点灯で、優勝へひた走る相手の勢いを止められず完敗。宮崎がこの日も2安打。楠本がレフトフェンス直撃のタイムリー二塁打、大和の犠飛、代打で登場した神里和毅のタイムリー二塁打で3点を奪ったが、中盤以降の好機を生かしきれなかった。

投手陣は先発した京山将弥が初回から連続三振の好スタートで、打撃でもプロ初安打を記録したが、7回途中4失点で6敗目。8回に登板したピープルズが三者凡退に抑え、1点ビハインドで9回を迎えたが、三嶋一輝が山田哲人に致命的となる3ラン本塁打を打たれた。

残り6試合で5位中日と2ゲーム差の最下位。今週は横浜スタジアムで4試合あるが、10連敗中の巨人と2試合を行った後、中日との直接対決2連戦が控えている。最下位で終われば、中畑清監督最後のシーズン以来の屈辱となる。

外国人選手の来日遅れなどコロナ禍の問題や、五輪開催で本拠地が使えないなど、今季は様々な逆風があった。立ちはだかる困難や障害は、これからもきっと避けることはできないのかもしれないが、背を向けるより、正面突破するしかない。来年、また夢を見るためにも、残り6試合、最後までしっかり戦う姿を見せてもらいたい。

◆先週のベイスターズ

12日(火)● 0-3 広島
13日(水)◯ 9-3 広島
14日(木)● 3-5 広島
17日(日)● 3-7 ヤクルト

文:大久保泰伸

大久保泰伸

フリーライター、編集者。1969年広島市生まれ、現在は神奈川県在住。出版社勤務を経て、20世紀の終わり頃に独立。別冊宝島野球シリーズの執筆、編集や広島などのOBの著書の編集協力などを行い、同社のプロ野球選手名鑑は創刊時から現在まで関わる。記者活動は2009年にベースボール・タイムズ紙の広島担当でスタートし、15年から野球専門サイトのフルカウントで広島、18年からはDeNA担当も兼務した。

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
野球を応援しよう!

野球の放送・配信ページへ