人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

野球 コラム 2021年9月28日

【横浜好き】まさかの地元6連敗でも…「週刊ベイスターズいいとこどり」9月21日~26日号

野球好きコラム by 大久保泰伸
  • Line

最下位争いとなった広島との3連戦。初戦は移籍後初勝利以来、2度目の先発となった宮國椋丞が、5回5失点とゲームを作れなかった。

連打が出たのは8回の1イニングのみと、この日も低調だった打線では、柴田竜拓が2安打と四球で4打席中3打席に出塁し、守備でも美技を披露した。宮崎敏郎が先制弾となる13号ソロ本塁打、佐野もタイムリーで1打点をマークした。4投手が失点を重ねた投手陣では、田中が1イニングを抑えて復帰後3試合連続無失点とした。

接戦となった第2戦は、桑原が3安打猛打賞の活躍で熾烈な首位打者争いの台風の目に。牧が勝ち越しタイムリーで今季114安打となり、1958年近藤和彦を抜いて球団新人単独2位に浮上。オースティンもタイムリー二塁打でまた打点を稼いだ。

投手陣で目立ったのが、終盤を抑えたエスコバー、三嶋、山崎とかつての必勝リレーのリリーフ陣。広島に追加点を与えなかったが、打線があと1点及ばなかった。

前日から一転して乱打戦となった3戦目は、オースティンが逆転満塁弾を含む、3安打4打点の活躍でリーグ首位打者に躍り出た。新人王に輝いた長野久義(当時巨人)と並ぶ、1年目の19号本塁打を含む2安打2打点の牧は、1959年桑田武の球団新人安打記録に残り2本と迫った。

佐野がタイムリー安打、大和はマルチヒットなど、チーム6試合ぶりの2ケタ安打となる12安打8得点を記録したが、投手陣が広島打線を止められなかった。前日同様、この日もかつての必勝リレートリオが登板したが、無失点に抑えたのはエスコバーのみ。三嶋、山崎とともにリードを守れず、まさかの地元6連敗で10連戦(初戦は雨天中止)を終了した。

わずか2週間前、上位3チーム相手の連戦に勝ち越し、形成逆転と思われた頃と比べると隔世之感もあるが、疾風怒濤のペナントレースも、残り1ヶ月となった。真夏の快進撃が線香花火が消えるまでの紫電一閃だったとしても、最後にもうひと踏ん張り、乾坤一擲の覚悟で残り試合を戦い抜き、重見天日を期待したい。

◆先週のベイスターズ

21日(火)● 2-5 ヤクルト
22日(水)● 1-2 ヤクルト
23日(木)● 2-4 ヤクルト
24日(金)● 2-0 広島
25日(土)● 2-3 広島
26日(日)● 8-10広島

文:大久保泰伸

大久保泰伸

フリーライター、編集者。1969年広島市生まれ、現在は神奈川県在住。出版社勤務を経て、20世紀の終わり頃に独立。別冊宝島野球シリーズの執筆、編集や広島などのOBの著書の編集協力などを行い、同社のプロ野球選手名鑑は創刊時から現在まで関わる。記者活動は2009年にベースボール・タイムズ紙の広島担当でスタートし、15年から野球専門サイトのフルカウントで広島、18年からはDeNA担当も兼務した。

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
野球を応援しよう!

野球の放送・配信ページへ